SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く



<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1998年 8月 13日

新製品

映画館のような臨場感ある音場を再現する
“デジタルシネマサウンド”を搭載した
AVセンターアンプ 及びAVレシーバー 発売



Photo
AVセンターアンプ『TA-V55ES』

Photo
AVレシーバー『STR-V818』



 ソニーは、DVDプレーヤー、AVスピーカーなどと組み合わせ、映画館のような臨場感ある音場を再現できるAVセンターアンプ『TA-V55ES』と、FM/AMチューナー内蔵のAVレシーバー『STR-V818』を発売します。
 両機は、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)の映画製作で培われた音場作りのノウハウと、ソニーのデジタルオーディオ技術を融合した“デジタルシネマサウンド”を搭載しています。“デジタルシネマサウンド”の機能として、映画音声の編集を行うSPEのミキシングスタジオの音響特性を演出する「シネマスタジオ・モード」や、仮想音源を創り出すことで映画館の様な広い音場感が得られる「バーチャル3D・モード」を搭載しています。今回、処理能力が向上した当社独自の32ビットDSPを新たに採用。「バーチャル3D・モード」の新規モードとして、複数の仮想リアスピーカーを上方に定位させ、より映画館に近い音場を再現する「バーチャルマルチディメンション・モード」や、従来の「シネマスタジオ・モード」に仮想音源を付加した「バーチャルシアター・モード」などを追加しています。

型 名発売日価格(税別)当初月産
AVセンターアンプ
『TA-V55ES』
10月10日120,000円1,000台
AVレシーバー
『STR-V818』
9月10日75,000円1,000台


 両機は、ドルビーデジタルデコーダーを搭載しており、最大5.1ch(フロントL/R、センター、リアL/R、サブウーファー)の立体感あるデジタルマルチ音声をお楽しみ頂けます。
『TA-V55ES』は、将来の拡張性を考慮し、DVDビデオ規格のオプション音声フォーマットであるdts(Digital Theater Systems)の5.1chデコーダーを搭載しています。また、アンプとのワイヤレス双方向データ通信を可能にした、液晶付きリモコンを付属。リモコンからの基本操作に加えて、システム側の状況を液晶画面上で確認できます。さらに、ホームシアターの低照明環境を考慮し、液晶画面は明るく見やすいバックライトを装備した他、主なボタン類は蓄光素材を採用しています。
 『STR-V818』は、充実したAVアンプの機能に加え、FM/AMチューナーを内蔵した多機能なハイコストパフォーマンスモデルです。



●主な特徴
1. 新デジタルシネマサウンド搭載
映画音楽の編集を行うSPEのミキシングスタジオの音響特性を再現する「シネマスタジオ・モード」と、仮想的にリアスピーカーの音源を定位させる「バーチャル3D・モード」を搭載。また、当社独自の32ビットDSPを新たに採用し、「バーチャル3D・モード」に新規モードを追加しています。

「シネマスタジオ・モード」は、3種のSPEミキシングスタジオの音響特性を再現可能。
(1) シネマスタジオA:SPE内で最も伝統あるミキシングスタジオ“Cary Grant Theater”の音響特性を再現。
(2) シネマスタジオB:最先端の音響設備を備えた“Kim Novak Theater”の音響特性を再現。
(3) シネマスタジオC:映画のBGMなどの音楽を編集する“Scoring Studio”の音響特性を再現。

「バーチャル3D・モード」には、以下のモードを搭載しています。
(1) バーチャルマルチリア・モード(2タイプ):一対のリアスピーカーだけで、複数の仮想リアスピーカーを創り出すモードです。水平方向に前方に定位させるモードと、後方に定位させる2タイプから選択可能です。
(2) バーチャルエンハンスドサラウンド・モード(2タイプ):フロントスピーカーだけで、仮想リアスピーカーを創り出すモードです。水平方向に仮想リアスピーカーを複数台定位させるモードと、一対定位させるモードから選択可能です。
(3) バーチャルマルチディメンション・モード[新規]:2本のリアスピーカーだけで、複数の仮想リアスピーカーを上方に定位させることにより、映画館のスピーカー 環境により近い音場を再現します。
(4) バーチャルセミマルチディメンション・モード[新規]:フロントスピーカーだけで、「バーチャルマルチディメンション・モード」のスピーカー環境を仮想的にお楽しみ頂けます。
(5) バーチャルシアター・モード(3タイプ)[新規]:「シネマスタジオ・モード」と、「バーチャルマルチディメンション・モード」を組み合わせることにより、映画館のような音響特性とスピーカー環境を同時にお楽しみ頂けます。
(6) バーチャルセミシアター・モード(3タイプ)[新規]:「バーチャルシアター・ モード」の音響特性とスピーカー環境を、フロントスピーカーだけで仮想的にお楽しみ頂けます。

2. 5.1chドルビーデジタルデコーダー搭載
DVDビデオ規格の標準音声フォーマットであるドルビーデジタルの5.1chデコーダーを搭載。各チャンネルの完全独立化と、フルバンド化(3Hz〜20kHz)により、高品質サラウンド音声をお楽しみいただけます。

3. 5.1chdtsデコーダー搭載(TA-V55ESのみ)
将来の拡張性を考慮し、DVDビデオ規格のオプション音声フォーマットであるdts(Digital Theater Systems)の5.1chデコーダーを搭載しています。

4. 液晶表示付き双方向リモコン採用(TA-V55ESのみ)
アンプとのワイヤレス双方向データ通信を可能とし、リモコンからの基本操作に加えて、システム側の状況を液晶画面上で確認できます。アンプには、外部機器の操作を可能とする“コントロールA1端子”を装備。コントロールA1端子を搭載したMDデッキ「MDS-PC1」/「MDS-JA22ES」/「MDS-JB920」/「MDS-S39」、200枚CDチェンジャー「CDP-CX200F」、5枚CDチェンジャー「CDP-CE515」を接続し、それらの基本操作が行える他、ディスク名・トラック名などをリモコン上で確認及び選択可能です。

5. 主要メーカーのAV機器を操作できる“プリプログラムドリモコン”

●主な仕様
 『TA-V55ES』『STR-V818』
実用最大出力総合750W:フロント150W+150W、センター150W、リア150W+150W
(いずれもEIAJ、6Ω)
スピーカー適合
インピーダンス
6〜16Ω
高調波ひずみ率
(ダイレクトパス)
フロント0.05%以下
(6Ω負荷、100W+100W出力時、
20Hz〜20kHz )
フロント0.09%以下
(6Ω負荷、100W+100W出力時、
20Hz〜20kHz)
周波数特性
(ダイレクトパス)
10Hz〜50kHz+0.5/−2dB
SN比82dB
チューナー仕様受信周波数: FM76〜90MHz
      AM531〜1,602kHz
アンテナ端子: FM75Ω不平衡型、
       AM外部アンテナ端子
サラウンドモード数30プログラム
音声入力デジタル:光4系統
     同軸1系統
     AC-3 RF 1系統
アナログ:LINE 9系統
     5.1ch入力1系統
     PHONO(MM)1系統
デジタル:光3系統
     同軸1系統
 
アナログ:LINE6系統
     PHONO(MM)1系統
音声出力REC OUT4系統、フロント1系統
センター1系統、リア1系統、
サブウーファー2系統、PHONES
REC OUT3系統、
サブウーファー2系統、PHONES
映像入出力入力5系統、出力3系統入力4系統、出力3系統
S映像入出力入力5系統、出力3系統入力3系統、出力2系統
電源:
消費電力:
外形寸法:
質量:
AC100V、 50/60Hz
345W
W430×H160×D410mm
15.5kg
AC100V、 50/60Hz
195W
W430×H157.5×D370mm
11.7kg

* :ドルビーは、米国Dolby Laboratories, Inc.、dtsは米国Digital Theater Systems Inc.の登録商標または商標です。
問い合わせ先