SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く



<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1998年 9月 9日

新製品

親機・子機ともにかかってきた電話を音声で知らせる
ナンバー・ディスプレイ対応
家庭用コードレス留守番電話機 3タイプ6機種 発売


Photo
ナンバー・ディスプレイ対応家庭用コードレス留守番電話機


 ソニーは、NTTのナンバー・ディスプレイに対応し、電話をかけてきた相手を親機・子機から音声で知らせる家庭用コードレス留守番電話機3タイプ6機種を発売します。

型 名発売日価格(税別)当初月産台数
家庭用コードレス留守番電話機
“名のってる”
『SPP-C99』(子機1台)
『SPP-C99PKG』(子機2台)
11月10日オープン5,000台
2,000台
『SPP-C77』(子機1台)
『SPP-C77PKG』(子機2台)
10月1日20,000台
5,000台
『SPP-C55』(子機1台)
『SPP-C55PKG』(子機2台)
10月1日50,000台
20,000台

 今回発売する6機種は、電話をかけてきた相手を親機・子機から音声で知らせる“音声呼び出し機能”を搭載しています。“電話帳”に登録してある相手からの電話は、自分で録音した音声で相手の名前等を知らせてくれるので、電話口まで行くことなく相手の確認が行えます。『SPP-C99』『SPP-C99PKG』『SPP-C77』『SPP-C77PKG』は、自分で録音した音声の他に、合成音での呼び出しを選択することも可能な“おまかせ呼び出し機能”を搭載しています。
 また、『SPP-C99』『SPP-C99PKG』は、ダイヤルボタンを操作することなく声だけで電話をかけることができる“音声ダイヤル機能”を搭載しています。自分の声で相手の名前を登録しておけば、かけたい相手の名前を呼ぶだけで“電話帳”から素早く検索し、発信することができます。


●ナンバー・ディスプレイ」に対応した主な機能
1. 親機・子機ともに電話をかけてきた相手を音声で知らせる“音声呼び出し機能”搭載
“電話帳”に登録してある相手からの電話は、親機・子機ともに着信を相手の名前等の音声でお知らせすることが可能です。電話口まで行くことなく、相手の確認が容易に行えます。着信音声は以下のパターンからお選びいただけます。
・ オリジナル音声で呼び出し:
 ご自分で録音したオリジナル音声で呼び出します*
※「SPP-C99」「SPP-C99PKG」「SPP-C77」「SPP-C77PKG」:親機50件・子機60件(内50件は親機と共通)
 「SPP-C55」「SPP-C55PKG」:親機20件、子機30件(内20件は親機と共通)
・ おまかせ呼び出し:(「SPP-C99」「SPP-C99PKG」「SPP-C77」「SPP-C77PKG」)
 合成音での呼び出しを選択することも可能です。
・ 誰からコール:(「SPP-C55」「SPP-C55PKG」)
 よく使う呼び名(「パパ」、「ママ」等)や名字が本機にあらかじめ録音されており、その中から選択することもできます。(呼び名20種類、名字50種類が録音されています。)
・ ご指名コール:(「SPP-C55」「SPP-C55PKG」)
 本機にあらかじめ録音されているよく使う10種類の呼びかけかた(「お父さ〜ん!」等)から選択できます。


2. 電話に出る前に、かけてきた相手の電話番号や名前が確認できる
NTTの「ナンバー・ディスプレイ」に対応し、親機・子機にそれぞれ装備している液晶画面に電話をかけてきた相手の電話番号が表示されます。また、“電話帳”に登録されている相手からかかってきた場合、着信音の音色が変わります。更に、「SPP-C99」「SPP-C99PKG」「SPP-C77」「SPP-C77PKG」は、電話番号の代わりに登録してある相手の名前を液晶画面に表示します。

3. 迷惑電話やイタズラ電話対策に便利な“おことわり機能”搭載
いたずら電話など受けたくない着信の場合、“おことわりボタン”を押すことでメッセージを流したのち電話を切ることができます。また、電話番号を登録*しておけば次回からは呼び出し音を鳴らさずに自動的に応答し、通話を切ることが可能です。
※「SPP-C99」「SPP-C99PKG」「SPP-C77」「SPP-C77PKG」は20件まで、「SPP-C55」「SPP-C55PKG」は10件まで登録できます。

4. 着信データ履歴表示機能
かかってきた相手の電話番号や名前、日時等の着信データを20件まで保存可能。留守録にメッセージを残していない相手からの着信も確認することができる他、ジョグダイヤルを利用して、着信データ履歴から簡単に電話番号を呼び出して発信することができます。

●主な特長
1. 親機・子機ともに各100件の電話帳機能(「SPP-C99」「SPP-C99PKG」「SPP-C77」「SPP-C77PKG」)
親機・子機ともに各100件*までの連絡先を電話番号と名前で登録できます。
※ 「SPP-C55」「SPP-C55PKG」は、親機20件、子機10件までの連絡先を電話番号で登録できます。

2. 声でも電話をかけることができる“音声ダイヤル機能”を搭載 (「SPP-C99」「SPP-C99PKG」)
あらかじめ自分の声で相手の名前を登録しておけば、音声で電話をかける相手先を“電話帳”から素早く呼び出し、発信することができます。音声ダイヤルに登録できる件数は最大50件です。(親機のみ)

3. 親機・子機ともにジョグダイヤル搭載
“電話帳”に登録されている相手親機・子機に搭載されているジョグダイヤルを操作するだけで、簡単に発信できます。

4. 名前の登録・検索ができる新ダイヤルボタン(「SPP-C99」「SPP-C99PKG」「SPP-C77」「SPP-C77PKG」)
“電話帳”への名前や電話番号の登録が、従来のジョグダイヤルだけでなくダイヤルボタンからでも行えます。また、登録してある名前・電話番号をダイヤルボタンで素早く検索できます。

5. 親機・子機ともにバックライト付液晶ディスプレイを搭載
液晶ディスプレイには、かかってきた相手の電話番号や名前、日時、またかけた相手先の電話番号や通話時間、通話料金が表示されます。
※通話料金を表示させるためには、DDIへの加入が必要です。

6. “発信データ履歴機能”
電話をかけた相手先を、新しい順に、親機・子機それぞれ10件まで記録されるので、リダイヤルが簡単です。

7. 親機・子機ともに受話器を持たずに会話ができるデジタルスピーカーホン
親機・子機ともに受話器を持たずに会話できます。

8. その他の機能
(1)おトクな市外回線を自動選択する“α-ALPHA3(アルファ・スリー)機能”搭載。
(2)フラッシュメモリーを用いた“DSP留守録機能”を搭載し、留守録用件の頭出し等がスピーディーに行えます。 *DSP:Digital Signal Processor
(3)留守録に用件が入れば、その用件を登録先に転送してくれる“追っかけ留守番転送機能”。
(4)セットした子機のベルを親機よりも先に鳴るように設定できる“子機優先着信機能”。
(5)子機の充電には、信頼性の高い“非接触充電”を採用。
(6)各種登録内容や、登録操作方法を声で案内する“ボイスガイド機能”。


●主な仕様
ダイヤル方式回転ダイヤル回線/プッシュホン回線切り換え可能
子機電池充電時間約10時間
電源<親機>DC9V(付属のACアダプター-使用)
<子機>充電式ニカド電池使用
外形寸法
(W×H×D)
<親機>約166×87×215mm(アンテナ含まず)
<子機>約49×195×54mm
<充電台>約68×98×108mm
重さ<親機>約760g
<子機>約210g(付属のバッテリー含む)
<充電台>約205g

問い合わせ先