SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く



<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1998年 9月 21日

新製品

映画館のような臨場感のある音声を再現する、
デジタルサラウンドヘッドホンシステム 発売

― ヘッドホンとして世界初“バーチャルドルビーデジタル”認証 ―

Photo
デジタルサラウンドヘッドホンシステム『MDR−DS5000』


 ソニーは、DVDビデオの標準サウンドフォーマット“ドルビーデジタル” ※1(5.1チャンネルのサラウンド)を再生できるデジタルサラウンドヘッドホンシステム『MDR−DS5000』を発売します。
 本機は、5台のスピーカーと1台のサブウーファーの組み合わせによって再生されるドルビーデジタルのサラウンド効果を、当社独自の“バーチャルホンテクノロジー”※2により、世界で初めてヘッドホンで実現しました。映画館に近い音場を再現できるので、本機を装着するだけで手軽に臨場感のある音声が得られます。パーソナルに楽しめるので、周囲を気にせずに好みの音量でお楽しみいただけます。また、通常のシステムでドルビーデジタルを楽しむには、対応のアンプや複数のスピーカーが必要ですが、本機はプロセッサー部とDVDプレーヤーを1本のケーブルで接続するだけで楽しめるので、場所もとらず手軽にお使いいただけます。

型 名発売日価格(税別)当初月産
デジタルサラウンドヘッドホンシステム
『MDR−DS5000』
11月1日50,000円4,000台


 従来のヘッドホンでは、再生音像が頭の中にこもってしまう(頭内定位)ために、音の方向感を出すことはできません。 当社開発の“バーチャルホンテクノロジー”は、独自の音響解析技術とデジタル信号処理技術を用いて、音声を視聴者の頭外に定位させ、あたかも前方や後方に置いたスピーカーから音声が出ているような音場を作ることが可能です。
 本技術により、ヘッドホンでありながら5.1チャンネルのスピーカーで聴いている時と同様なサラウンド音場を再現し、ヘッドホンとしては世界で初めてドルビーラボラトリーズから“バーチャルドルビーデジタル”※2の認証を取得しました。
 本機のプロセッサー部には、ドルビーデジタルデコーダーを内蔵しているので、光ケーブルでDVDプレーヤーと接続するだけで5.1チャンネルのサラウンドが楽しめます。また、従来のドルビーサラウンド(プロロジック)にも対応しており、レンタルビデオ、レーザーディスク、衛星放送なども臨場感のある音声で楽しめます。
 ヘッドホン部は、軽量なオープンエア型を採用した赤外線コードレスヘッドホンなので、コードの煩わしさがなく、長時間でも快適に視聴できます。また、別売のヘッドホンを増設することにより、赤外線信号が受信可能な範囲なら複数の人数で同じサラウンド効果を楽しむことができます。

※1ドルビーデジタル:
 ドルビーラボラトリーズが劇場映画の立体音響システムとして開発したオーディオフォーマットが“ドルビーSR−D(ドルビーステレオ・デジタル)”で、5.1チャンネルのデジタル信号を各チャンネル別に圧縮記録している。これを家庭用にアレンジしたのが "ドルビーデジタル”。“ドルビーデジタル”も、5.1チャンネルのデジタル信号を各チャンネル別に圧縮記録している。

※2バーチャルドルビーデジタル:
 「5.1チャンネルのドルビーデジタルと同等のサラウンド空間を、2つのスピーカーやヘッドホンで再現している」とドルビーラボラトリーズが認証した製品に、「バーチャルドルビーデジタル」のロゴをつけることが許される。



●主な特長
1. 世界初の“バーチャルドルビーデジタル”ヘッドホンシステム
ソニー独自の“バーチャルホンテクノロジー”により、5.1チャンネルの“ドルビーデジタル”のサラウンドをヘッドホンで再現します。本機をかけることによって、DVDの映画や音楽の迫力ある臨場感を楽しむことができます。5.1チャンネルのスピーカーで聴いているときと同様なサラウンド音場を再現できるヘッドホンとして、世界で初めてドルビーラボラトリーズより“バーチャルドルビーデジタル”の認証を取得しています。

2. ドルビーデジタルデコーダーを内蔵
プロセッサー部には、ドルビーデジタルデコーダーを内蔵し、光ケーブル1本でDVDプレーヤーと接続するだけでお使いいただけます。また、従来のドルビーサラウンド(プロロジック)にも対応しており、再生機器とステレオピンケーブル1本で接続し、レンタルビデオ、レーザーディスク、衛星放送なども楽しめます。

3. サラウンドを手軽に楽しめるシンプルなシステム
“ドルビーデジタル”をスピーカーシステムで楽しむ場合、通常は“ドルビーデジタル”プロセッサー内蔵アンプ、5本のスピーカー、1台のサブウーファーでシステムアップした上、アンプの設定やスピーカーの最適な配置などが必要になりますが、本機はプロセッサーとヘッドホンのみの構成なので、接続も簡単で場所もとらず、手軽に楽しめます。

  ●
省スペース:アンプや複数のスピーカーの設置が不要なので、場所をとりません。
  ●
簡単接続:プロセッサー部とDVDプレーヤーを光ケーブル1本で接続するだけ。赤外線コードレスヘッドホンを採用しているので、コードの煩わしさがありません。
  ●
周囲を気にせず大音量:スピーカーでは大音量で視聴することができない環境でも、 ヘッドホンなら周囲に気がねすることなく迫力のサラウンドを楽しめます。
  ●
部屋のどこでも同様のサラウンド効果:赤外線信号が受信できる範囲であれば、部屋のどこで視聴しても、常に最適な条件のサラウンド効果が得られます。
別売の専用ヘッドホンを増設すれば、複数の人数で同じ効果を楽しむこともできます。
『MDR−IF5000』98年11月1日発売、標準価格¥15,000(税別)

4. 軽量なオープンエア型を採用したコードレスヘッドホン
ヘッドホンには、軽量のオープンエア型を採用。コードレスなのでコードを気にせず快適に視聴できます。

5. 動作状況が一目でわかる操作パネル
プロセッサー部の操作パネルは、動作モードの確認がしやすく、操作しやすいデザインです。


●主な仕様
【ヘッドホン部】
型式オープンエアダイナミック型
ドライバーユニット口径40mm、ネオジウムマグネット採用
再生周波数帯域12〜24,000Hz
質量約280g(電池含む)
電源単3形乾電池2本、または充電式ニカド電池2本(付属)
電池持続時間充電式ニカド電池(付属):約30時間
単3形マンガン乾電池:約45時間
単3形アルカリ乾電池:約90時間

【プロセッサー部】
デコーダー機能ドルビーデジタル 5.1ch/2ch、ドルビープロロジック
伝送帯域20〜20,000Hz
到達距離正面10m
電源ACアダプター 9V
質量約1kg
入力端子光角型×1、ステレオピンジャック×1
外形寸法幅85mm×高さ190mm×奥行き180mm

【付属品】
光デジタル接続ケーブル×1、ACパワーアダプター×1、充電式ニカド電池×2、
充電器×1


問い合わせ先