<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1998年 10月 14日

新製品

DSPイコライザーを搭載
劣化の極めて少ない音質調整が行える
CDプレーヤー『CDP-MS1』 発売



Photo
CDプレーヤー『CDP-MS1』


 ソニーは、DSPイコライザーの搭載により、劣化の極めて少ない音質調整が行える CDプレーヤー『CDP-MS1』を発売します。

型 名発売日価格(税別)当初月産
CDプレーヤー
『CDP-MS1』
11月10日220,000円300台

 本機は、DSPイコライザー回路をディスク読み取り直後に配置。読み取った信号を デジタルのまま調整できるので、音質の劣化がほとんどありません。イコライザーの機能としては、全体のレベルコントロールに加え、50Hz〜14kHzの範囲内に設定された50のポイント上(1/3オクターブ間隔)から、低域・中域・高域それぞれ1ポイントづつ選択し、レベル調整が行えます。中域のレベル調整の波形の幅は、ノーマル、ナロウ(狭)、ワイド(広)の3タイプから選択可能です。ボーカルなど狭い中域のレベルを調整したい場合は“ナロウ”, インストゥルメンタルなどで幅広い中域のレベルを調整したい場合は“ワイド”を選択するなど、好みに合わせた調整が行えます。また、ディスクごとに設定した調整値は、最大500枚まで記録でき、次にディスクを入れれば自動的に好みの音質で再生可能です。なお、イコライジング調整した信号はデジタル出力可能です。
   本体構造は、ASC(Anti Standing-Wave Construction)を採用。スピーカーからの音圧や外部振動によって発生する筐体の内部共振を大幅に低減し、微少レベルの再現性が改善、音の濁りの少ないクリアーな音質が得られます。


●主な特長

1. DSPイコライザー搭載
DSPイコライザー回路をディスク読み取り直後に配置。読み取ったデジタル信号をそのまま調整できるので、音質の劣化がほとんどありません。
(1)全体レベルコントロール:-9.0dB〜+3.0dBの範囲内でコントロール可能
(2)低域・中域・高域レベル調整
 50Hz〜14kHzの範囲内に設定された50のポイント上(1/3オクターブ間隔)から、低域・中域・高域それぞれ1ポイントづつ選択し、レベル調整(-6.0〜+6.0dB)が行えます。
 ・低域:50Hz〜560Hz
 ・中域:90Hz〜10kHz
 ・高域:1.4kHz〜14kHz
(3)中域レベル調整の波形の幅を選択可能
 ・ノーマル
 ・ナロウ(狭):狭い範囲の中域を調整可能。ボーカルなど狭い帯域のレベルを調整するのに適しています。
 ・ワイド(広):広い範囲の中域を調整可能。インストゥルメンタルなどで、幅広い中域のレベルを調整したい場合に適しています。

ディスクごとに設定した調整値は、最大500枚まで記録可能です。なお、イコライジング調整した信号はデジタル出力可能です。

2. 共振を低減するASC(Anti Standing-Wave Construction)構造採用
本体構造は、ASC(Anti Standing-Wave Construction)を採用。スピーカーからの音圧や外部振動によって発生する筐体の内部共振を大幅に低減しています。これにより、微少レベルの再現性が改善、音の濁りの少ないクリアーな音質が得られます。

3. 光学系固定方式メカニズム採用
軽量で外部振動の影響を受けやすい光学ピックアップを固定し、ディスク側を移動させる光学系固定方式メカニズムを搭載。安定したディスクの読み取りが可能です。

4. 多様な各種高音質デバイス搭載
(1) 24ビット可変(VC)デジタルフィルター
(2) カレントパルスD/Aコンバーター
(3) Rコアトランス


●主な仕様
D/Aコンバーターカレントパルス
周波数特性2〜20,000Hz±0.3dB
ダイナミックレンジ(EIAJ)100dB以上
全高調波歪み率(EIAJ)0.003%以下
ワウ・フラッター(EIAJ)測定限界(0.001%W・Peak)以下
出力端子光デジタル×1、同軸デジタル×1、バランスデジタル×1
アナログ×1、ヘッドホン×1
消費電力18W
電源AC100V、50/60Hz
最大外形寸法w×h×d(mm)430×125×260
質量約7.5kg


feedback