SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く



<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1998年 11月 9日

新製品

現行放送(SDTV)機材とほぼ同等のサイズ使い勝手を実現
屋外のHDTV番組制作に適した
“HDCAM”ポータブルビデオカセットレコーダー『HDW-250』発売

−1080対応のカメラシステムなども併せて発売し HDTV制作機器の商品構成拡充 −


Photo
ポータブルビデオカセットレコーダー『HDW-250』


 ソニーは、有効走査線数1080および1035本に対応した“HDCAM”フォーマット*1のポータブルビデオカセットレコーダー『HDW-250』を発売します。
 『HDW-250』は、現行放送のCMやドラマなどの番組制作に使われている “デジタルベータカム”フォーマットのポータブルビデオカセットレコーダーとほぼ同等のサイズ、質量、使い勝手を実現しました。バッテリーオペレーションも可能で、ドラマやドキュメンタリーなど屋外での長時間収録を要するHDTV番組制作に適しています。

 また、BS/地上波デジタル放送によるHD放送に対応するため、有効走査線数1080本に対応する “HDCAM”カメラ一体型ビデオ『HDW-700A』(価格995万円)、スタジオカメラ『HDC-700A』(価格1100万円)、ポータブルカメラ『HDC-750A』(価格870万円)を99年春に、HD SDI(シリアルデジタルインターフェース)*2出力を可能とするカメラアダプター『HDCA-701』(価格65万円)を99年夏に商品化する予定です。

型 名発売時期価格(税別)
“HDCAM”ポータブルビデオカセットレコーダー
『HDW-250』
99年4月450万円

 ソニーは、将来のデジタルHDTV放送に向け、“HDCAMモを中核としたHDTVトータルシステムの開発に取り組み、スタジオビデオカセットレコーダー、カメラ一体型ビデオ、スタジオカメラ、スイッチャー、エフェクター、モニター、デジタルインターフェース基板など、幅広い商品構成で製品化しています。特に“HDCAM”のスタジオビデオカセットレコーダー「HDW-500」やカメラ一体型ビデオ「HDW-700」は、HDクオリティに加えて、質量、使い勝手などが現行放送方式のものに近づいたことで、スタジオのみならず、屋内外のスポーツ分野でも幅広くお使い頂いております。
 今回、お客様から強くご要望頂いていたポータブルタイプや、カメラ一体型ビデオからのデジタル出力を可能にするHD SDIカメラアダプター『HDCA-701』、有効走査線数1080本対応カメラシステム3機種を来春以降順次商品化することで、スタジオでの収録やスポーツ番組の撮影/制作、ドラマやドキュメンタリーなどの屋外での撮影/制作分野などまで、ソニーはHDTV番組の本格的な制作環境を提供して参ります。

 ※1
独自開発の高能率・高画質圧縮技術(圧縮率は約1/7)を採用したVTRフォーマットで、97年春から順次発売。新開発の高出力高性能ヘッドと1/2インチのメタルテープを使用し、高密度記録による長時間記録を実現。1/2インチカセットの採用により、カメラ一体型ビデオも実現し、現行放送とほぼ同等の使い勝手が可能ととなった。また、強力なエラー訂正システムを確立し、高信頼性を確保。
 ※2
デジタルの信号を伝送するフォーマット。


●「HDW-250」の主な特長

1. “HDCAM”フォーマットの採用
高信頼性の“HDCAM”フォーマットを採用。高能率・高画質圧縮技術および高密度記録技術により、現在現行放送の制作で使われているデジタルベータカムと同等の最大124分の長時間記録(Lカセットを使用時)が可能で、本格的なHDTVのドラマやドキュメンタリー収録にも対応します。
有効走査線数1080および1035本、フィールド周波数59.94および60Hzの切替え対応で国内外での素材交換も可能。

2. 小型・軽量を実現
回路の大幅なLSI化により、“デジタルベータカム”フォーマットポータブルビデオカセットレコーダー「DVW-250」とほぼ同等のサイズ、質量を実現しました。

3. 最長100mのケーブル延長が可能
HD SDIと26ピンカメラケーブルインターフェースにより、カメラ、VTR間のケーブルを最長100m延長して運用が可能です。

4. HD SDI標準装備
入出力にはBTA S-004A/005A/006AおよびSMPTE 292Mに準拠したHD SDIを標準装備。同インターフェース対応のビデオカセットレコーダー、モニターなどとBNCケーブル1本で簡単に接続が可能。

5. モニター用ダウンコンバーター内蔵
ロケ先でのモニタリングが容易に行えるように現行放送用のNTSC (525/60)ダウンコンバーターボードを標準装備。NTSC(525)アナログコンポジット信号の出力が可能ですので、お手持ちのNTSC(525)用モニターを使用できます。

6. 低消費電力を実現。バッテリーオペレーションが可能
既発売のバッテリー「BP-L60/BP-90A」1本で約100分の連続記録が可能です。また、内蔵バッテリーを差し替え時には、外部バッテリーが優先的に使用される仕組みになっているので、完全連続動作が可能。

7. お求めやすい価格、低ランニングコストを実現
HDに要求される高度な信号処理回路を大幅にLSI化したことなどにより、お求めやすい価格を実現。また、デジタルベータカムと同等のテープコストで、現行放送並みの低ランニングコスト運用が可能です。

8. メモリーラベルシステム「Tele-File」に標準対応
メモリーラベルシステム「Tele-File」リーダー/ライターモジュールを内蔵しており、非接触で撮影データや素材情報などの書き込み、書き換えおよび読み出しが可能です。効果的なカセット管理・検索をサポート。

9. 順次発売予定のHD商品
・ “HDCAM”カメラ一体型ビデオ『HDW-700A』(価格995万円):99年春
・ スタジオカメラ『HDC-700A』(価格1100万円)/ポータブルカメラ『HDC-750A』(価格870万円):99年春
・ カメラアダプター『HDCA-701』(価格65万円):99年夏


●『HDW-250』の主な仕様

○一般
電源DC 12 +5.0/−1.0 V
消費電力最大47W
動作温度0〜40℃
保存温度−20〜+60℃
動作湿度25〜85%(相対湿度)
質量本体:約7.3 Kg
最大外形寸法320×148×349 mm (幅/高さ/奥行き)
記録/再生時間BCT-124HDL使用時:最大124分
BCT-40HD使用時:最大40分
早送り/巻き戻し時間420秒以内(BCT-124HDL使用時)
150秒以内(BCT-40HD使用時)
早送り/巻き戻しスピード最大24倍速
サーチスピード最大8倍速(2倍速、5倍速、8倍速で選択可)
使用できるバッテリーパックBP-90A(ニカド)またはBP-L60A (リチウムイオン)

○ビデオ性能
サンプリング周波数Y:74.25MHz
PB/PR:37.125MHz
量子化特性10ビット/サンプル(圧縮処理8ビット/サンプル)
エラー訂正方式リードソロモンコード
エラーコンシールメント3次元適応型
コンプレッションコエフィシェントレコーディングシステム
チャンネルコーディングS-NRZI PR-IV

○デジタル入力〜アナログコンポーネント出力 (標準再生機による再生時)
周波数帯域Y:0.5〜21.0MHz ±0.5dB
PB/PR:0.5〜7.00MHz ±0.5dB

○アナログコンポーネント入力〜アナログコンポーネント出力 (標準再生機による再生時)
A/D量子化特性10ビット/サンプル
周波数帯域Y:0.5〜21.0MHz +0.5/−0.7dB
PB/PR:0.5〜7.00MHz+0.5/−0.7dB
S/N比60dB以上

○モニター用525出力(アナログコンポーネント入力〜アナログコンポジット出力)
A/D量子化特性10ビット/サンプル
周波数帯域0〜5.5MHz ±0.7dB
S/N比56dB以上

○オーディオ性能
サンプリング周波数48kHz(映像同期)
量子化20ビット/サンプル
入力A/D量子化20ビット/サンプル
出力D/A量子化18ビット/サンプル
周波数特性20Hz〜20kHz +0.5dB/−1.0dB(0dB 1kHz)
ダイナミックレンジ95dB以上(1kHz、エンファシスON)

○関連品
キャリングケースHKDW-250
バッテリーパックBP-L60A、BP-90A
バッテリーチャージャーBC-L100、BC-410
ACアダプターAC-550
リモートコントローラーRM-B150
メンテナンスマニュアルパート2


※お客様からのお問い合わせ先:
ソニーマーケティング(株)
情報システム営業本部
TEL:0462-30-5932