SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く



<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1998年 12月 2日
ゼネラル インスツルメント コーポレーション(以下、GI)とソニーは、米国時間12月1日、次世代デジタルSTB(セットトップボックス)の共同開発を行うことを発表しました。

GIとソニーは、ホームネットワークに対応する次世代デジタルSTBの
共同開発を行うことで合意

ソニーは、GIにホームネットワークモジュールとAperiosのライセンス供与
ソニーは、GI株750万株を取得



 GIとソニーは、ソニーが開発したホームネットワーク技術をGIの次世代デジタルSTBに組み込むことで最終合意しました。両社は、GI製次世代デジタルケーブルSTBにソニーが開発したホームネットワークモジュール(ソフトウエア部品)とリアルタイムOSであるAperios(アペリオス)を搭載し、家庭内のデジタル機器をコントロールする機能を搭載したデジタルSTBの共同開発を行ってまいります。

 今回の合意により、GIは、ソニーよりホームネットワークモジュールおよびAperiosのライセンス供与を受け、ケーブル業界への供給を予定している次期デジタルSTB『DCT-5000+』に搭載します。同時にGIは、ソニーのホームネットワークモジュールを、i.LINK(IEEE1394)を用いたホームネットワークのための有力な方式として推奨していきます。

 また両社は、本年1月の基本合意どおり、ソニー コーポレーション オブ アメリカがGIの新規発行株750万株を総額1億8750万ドルで取得することを確認しました。

ゲリー マイヤー(ソニー エレクトロニクス,デジタル ネットワーク ソリューションズ オブ アメリカ,プレジデント)のコメント:
「ソニーは、GIの優れた技術力とケーブルTV業界への機器供給者としての役割、そしてデジタルテレビに関する豊富な経験を大変評価しています。我々は、ケーブル業界に新しいサービスやビジネスの提案をするとともに、消費者に対してはデジタル放送時代に向けたスムーズな対応を図ってまいります。」

 本年5月、米国アトランタで開催されたNCTA(National Cable Television Association) Cable '98コンベンションで、GIとソニーはホームネットワークモジュールとAperiosを搭載したデジタルSTBの試作機『DCT-5000』を共同展示しました。 この共同展示では、高速インターネットアクセスや高画質なビデオ電話、他のAV機器などを制御する最新のユーザーインターフェース技術など、様々なホームネットワークの応用を紹介しました。

デイブ ロビンソン(ゼネラル インスツルメント、 デジタル ネットワーク システムズ、シニアバイスプレジデント)のコメント:
「優れたホームネットワーク技術を備えた次世代デジタルSTB『DCT-5000+』は、広帯域・双方向デジタルケーブルネットワークと相まって、ケーブル事業者とコンスーマーの双方に、デジタル放送の魅力を素早く提供するでしょう。ソニーのホームネットワーク技術を採用できることで、地上波におけるHDTV(High Definition TV)信号を家庭内に配信する方法を提供すると同時に、デジタル双方向サービスの全く新しい世界を切り開く強力なプラットホームを提供します。」

*ホームネットワーク・モジュール:
オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアの橋渡しを行うミドルウェア(ソフトウェアの一種)です。i.LINK(IEEE1394)で接続された機器同士の相互接続や相互運用を可能にします。i.LINK(IEEE1394)は、デジタルAV信号や制御信号などの双方向通信が行える、最大転送速度400Mbpsの高速シリアルバスです。

*Aperios(アペリオス):
Aperiosは、ソニーが独自に開発した、次世代デジタルSTBのようなデジタルAVデータを扱う機器向けのオブジェクト指向のリアルタイムOSです。デジタルAV機器で扱われる画像や音声は連続したデータであり、その処理も効率的かつ中断なしに行わなければなりません。Aperiosは、このような連続的なデータの処理を目的に開発された、リアルタイムOSです。