<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1999年 2月 1日

新製品

厚さ 7mm、質量32gを実現
携帯性に優れたカード型 『指紋照合ユニット』 製品化


Photo
カード型指紋照合ユニット『FIU-700』


 ソニーは、厚さ7mm、質量32gの小型・軽量化を実現することにより携帯性に優れ、外出先などでノートブック型パソコンと接続しての「本人認証」に適した、カード型指紋照合ユニット『FIU-700』を開発、3月よりシステムインテグレーターなどに向けサンプル出荷いたします。本機は、新たに開発した登録照合用LSIの搭載により、従来機に比べ約10倍の高速照合(約0.1秒)を実現します。

型 名サンプル出荷開始時期サンプル価格
指紋照合ユニット『FIU-700』3月98,000円


 従来 入退室管理などの用途に限られていた指紋照合システムは、コンピューターネットワーク上のセキュリティシステムや、携帯端末などの本人認証ツールとしても注目されています。

 指紋照合ユニット『FIU-700』は、画像読み取り部に新開発のシリコンセンサーチップを採用。厚さ7mm、質量32gの小型・軽量化を実現しています。本体内には、フラッシュメモリー(8Mbit)を内蔵し、指紋や、コンピューターログオン等に利用するパスワードの登録が可能です。また、新開発の登録照合用LSIの採用により、従来機に比べ約10倍の高速照合(約0.1秒)を達成します。
 本機は、エントラストテクノロジーズ社(カナダ)が提唱するPKI(Public Key Infrastructure)(*1)に対応する設計を図っており、ネットワーク上で通信する場合に必要な秘密鍵(*2)の保存などができます。これにより指紋照合をネットワーク内に取り入れたセキュリティシステムの構築を可能にします。

*1 PKI :コンピューターネットワーク上において、暗号通信やデジタル署名等、認証を行う公開鍵方式を用いて、セキュリティを確保するシステムの仕組み。ネットワーク分野における多くのハード/ソフトメーカーが、PKIへの対応を表明しており、今後ネットワークセキュリティの主流になると期待されている。
*2 秘密鍵 :暗号文の復号やデジタル署名を行うために本人のみが所有する鍵。



●主な特長

1. 厚さ7mm・本体質量32gのカード型本体の実現
指紋画像読み取り部に新開発のシリコンセンサーチップを採用。
厚さ7mm・本体質量32gのカード型本体を実現しています。

2. 16bit CPU/8Mbitフラッシュメモリー/登録照合LSIを本体内に内蔵

3. 独自開発のアルゴリズム
独自開発のアルゴリズムを採用。本人拒否率1.0%以下、他人受入率0.1%以下という高い照合性能を実現しています。

4. 新開発LSIの開発による高速照合の実現
新開発LSIの開発により、従来機に比べ約10倍の平均約0.1秒での高速照合を実現

5. PKIに基づくネットワークセキュリティに適した設計
PKIの秘密鍵の保存、及び暗号化、複合化をユニット内で実現。これにより指紋照合をシステム内に組み込んだPKIのセキュリティシステムの構築を可能にしております。




●主な仕様

寸 法85.6mm(D)×53.4mm(W)×7.0mm(H)
照合時間平均0.1秒
登録時間0.1秒以下(フラッシュメモリーの消去時は1秒以上)
本人拒否率1.0%以下(2回トライ時)
他人受入率0.1%以下
インターフェースUSB
電源電圧USBバスパワード
消費電力400mA MAX(ハイパワーデバイス)
使用環境温度5℃〜40℃
質 量32g(ケーブル含まず)


※ お客様からのお問い合わせ先:
ソニー(株)バイオニクス事業開発室
TEL:03-5448-5539