プレスリリース


< 報道資料 >
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関しては、ソニーマーケティング(株)「SonyDrive」をご覧ください。

2000年 11月 1日



データアーカイブやサーバ用途向けに最大40GBの大容量データ記録を可能にする次世代書き換え型光ディスクドライブ
「5.25インチUDO(ユーディーオー:Ultra Density Optical)規格(案)」を策定



 ソニーは、データアーカイブやデータサーバ用途として最大40GBの大容量記録を可能にする 5.25インチ書き換え型光ディスクドライブ「5.25インチUDO規格(案)」を策定しました。5.25インチ光磁気ディスク(MO)の次世代を担う大容量光ディスクドライブとして、2001年春までに最終規格を決定、2002年後半での商品化を目指します。

 ソニーは、データ書き換え可能なディスクドライブとして、5.25インチ光磁気ディスク ドライブを1988年 業界に先駆けて商品化(約650MB)、以後1993年には2倍密(約1.3GB)、 1996年には4倍密(約2.6GB)、1998年に8倍密(約5.2GB)へと進化させてきました。 そして現在、更なる高容量化を実現するため14倍密(約9.1GB)ドライブ開発が進められて います。
 この5.25インチ書き換え型光磁気ディスクドライブは、優れたランダムアクセス性、 高データ転送速度、大容量記録やメディアの長期保存性などの特長により、パソコンやワーク ステーションの外部記憶装置としてだけではなく、LANやWebのサーバ、医療画像や公文書の 保存など幅広い業界で利用されており、昨年には世界で約12万台(99年IDC調べ)が出荷されています。


 一方、ネットワークにおいて扱われるデジタルデータは年々大容量化が進んでおり、 5.25インチ書き換え型ディスクドライブにも更なる大容量化が求められるようになりました。 特に、データアーカイブやデータサーバ用途として、書き換え可能なディスクシステムが持つ 高速ランダムアクセス性や高データ転送速度は高い評価を得ており、ブロードバンド時代に 向けて、より大容量・高速での記録再生が必要とされています。

 今回策定した「5.25インチUDO規格(案)」は、5.25インチ光磁気ディスクドライブの次世代 を担うコンピュータデータ記録用の書き換え可能な大容量光ディスクドライブです。記録再生 には、波長405nmの青紫色レーザを採用し、ランド&グルーブ記録により最大40GBの 大容量化を実現しています。また、既存のライブラリシステムなどを考慮し、ドライブおよび メディアカートリッジの外形寸法は、現行の5.25インチ光磁気(MO)ディスクドライブと 同一となっており、システムの入れ替えや拡張に容易に対応することができます。
 また、公文書などの長期保存用途向けに、「追記(Write Once Media)仕様 」も用意される予定です。

 ソニーでは、大容量コンピュータデータストレージを実現する光ディスクドライブシステム として、「5.25インチUDO規格(案)」を積極的に開発・推進し、更には、より大容量化に対応 すべく倍密(80GB)、3倍密(120GB)記録の研究開発も進める予定です。



5.25インチUDO規格(案)の主な仕様

5.25インチUDO規格(案)5.25インチMO
(9.1GB MO:開発中)
書き換え仕様追記仕様
ディスクサイズ130mm130mm130mm
ディスク厚2.4mm2.4mm2.4mm
カートリッジサイズISO 130mmと同サイズ(135 x 153 x 11 mm)ISO 130mmと同サイズ(135 x 153 x 11 mm)ISO 130mm
(135 x 153 x 11 mm)
物理トラック数96,96496,96449,728
セクターサイズ8KB8KB4KB
セクター数2,504,4072,504,4071,118,880
データ領域29.0〜61.0mm29.0〜61.0mm29.7〜62.5mm
レーザ波長青紫(405nm)青紫(405nm)660nm
対物レンズ0.850.850.575
記録方式相変化相変化光磁気
Land/GrooveLand & GrooveLand & GrooveLand & Groove
記録再生面両面両面両面
トラックピッチ0.33um0.33um0.65um
最小ビット長0.13um0.13um0.30um
記録密度15.0 Gb/inch215.0 Gb/inch23.3 Gb/inch2
転送レート4〜8MB/sec4〜8MB/sec3〜6MB/sec
誤り訂正方式LDCLDCLDC
変調方式RLL (1,7)RLL (1,7)RLL (1,7)