< 報道資料 >

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能 性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関し ては、ソニーマーケティン グ(株)「SonyDrive」をご覧ください。
ソニーマーケティング(株)発表の広報発表文(ソニー製品等)はこちらの目次をご覧ください。
2001年4月 24日



ソニーとエリクソン 携帯電話端末事業の合弁会社設立に基本合意
〜高水準の通信技術と民生用エレクトロニクス製品の開発ノウハウを結集〜

ソニー株式会社
エリクソン社


 ソニー株式会社とエリクソン社は、本日、全世界で携帯電話端末事業を展開する新会社を設立する旨基本合意(MoU※)致しました。 この新会社は、ソニーとエリクソンの50%ずつの出資のもと設立され、両社の携帯電話事業を移管し、製品開発・設計から販売・物流および顧客サービ スまで一貫した事業を行います。新会社には、エリクソンが有する高水準の通信技術開発力と、ソニ ーの民生用エレクトロニクス製品における傑出した技術・開発力を結集します。今後ソニーとエリクソンの両社は、相互にさらなる連携強化を図 り、新会社を強力にサポートしてまいります。
※MoU:Memorandum of Understanding

 エリクソンは、優れた通信技術開発力によって携帯電話ビジネスのインフラ構築から端末の提供まで"end-to-end"のソリューションにおいてリーダー的存在であり、 世界中の通信事業者と長年にわたって信頼関係を築いてきました。 一方、ソニーは、先進の技術力・商品開発力、洗練されたデザインに支えられた民生用エレクトロニクス製品に加え、映画・音楽などのエンタテインメントやゲームなどのビジネスによって強固なブランドイメージを築き、世界中のカス タマーに親しまれています。今後、新会社は、両社の支援のもと、広帯域化の進む携帯電話市場でリーダーを目指します。

 今後、ソニー、エリクソンの両社は、正式契約の締結に向けて詳細の検討 を進め、必要な諸手続きの完了を経て、本年10月1日の新会社の事業開始を目指します。主たる本社機能はロンドンに置かれ、社長にはソニーの執行役員上席常務の井原勝美が就任し、エリクソンのコンスーマープロダクツディビジョンのプレジデントのヤン・ワラビーがエグゼクティブ・バイス・プレジデント(E.V.P.)に就任する予定です。また、新会社の取締役会議長には、エリクソン社長兼CEOのクルト・ヘルストローム が任命される予定です。

 新会社の名称は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ (Sony Ericsson Mobile Communications)を予定しております。新会社は、ソニー、エリクソンによる現在のビジネスの継続性を尊 重しながら、今後新会社によって開発される商品については、同社独自の新しいブランドで携帯電話端末の開発・販売を行います。
 生産面では、現在のソニーの生産事業所とエリクソンの生産パートナー会社を利用する予定です。なお、エリクソンのモバイル テクノロジー プラットフォーム ユニットは、新会社とは分離した組織として、エリクソンに残りますが、新会社に対し優れた技術を提供します。

エリクソン社長兼CEO クルト・ヘルストロームのコメント
「携帯電話業界は"モバイルインターネット"時代に向け急速に進化しておりますが、ソニーとエリクソンの相互補完的な強みを合わせることにより、この新会社は、テレコミュニケーション分野での世界的リーダーとなり得るポジションに あります。ソニーは、コンスーマー・エレクトロニクス並びに、音楽・映画・ゲームといった エンタテインメント分野で豊富な経験を持ち、エリクソンは携帯電話分野における高い技術力と、オペレーターへのインフラビジネスで世界最大のカスタマ ー・ベース を誇ります。これは、まさに第三世代携帯電話および"モバイルインタ ーネット"に向けた、パーフェクトな組み合わせと言えます。」
ソニー社長兼COO 安藤国威のコメント
「著しい成長が期待される携帯電話市場も広帯域通信の時代を迎え、ユーザーは、音声通話を中心としたサービスに加え、動画像や音楽、ゲームなど様々な情報のやり取りを場所を選ばずに自由に行えるようになります。まさにこの時代に、世界の通信業界で強力な基盤を持つエリクソンとともに携帯電話端末事業を積極的に推進することは、ソニーが目指すユビキタス・バリュー・ネット ワークを実現する上で大きな役割を担うと確信しています。」

基本合意(MoU※)に基づく新会社の概要
会社名 :
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
(Sony Ericsson Mobile Communications)
資本金 :
ソニー50%:エリクソン50%(詳細未定)
事業開始予定日 :
2001年10月1日
事業規模 :
2000年度販売台数(金額):約5,000万台(約72億 USドル)
・親会社2社の各会計年度売上に基づく参考値
・エリクソン会計年度:2000年1月−12月/ソニー会計年度:2000年4月−2001年3月
取締役構成 :
ソニーより4人指名(うち1人は新会社より指名)
エリク ソンより4人指名(うち1人は新会社より指名)
[取締役会議長にクルト・ヘルストローム(エリクソン社長兼CEO)が就 任予定]
執行マネジメント:
社長 井原勝美(現 ソニー執行役員上席常 務)
E.V.P.ヤン・ワラビー(現エリクソンのコンスーマープロダクツ ディビ ジョンプレジデント)
従業員数 :
約3,500人(全世界)
取り扱い製品 :
携帯電話、次世代マルチメディア通信端末