SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く



プレスリリース

< 報道資料 >

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関しては、ソニーマーケティング(株)「SonyDrive」をご覧ください。
ソニーマーケティング(株)発表の広報発表文(ソニー製品等)はこちらの目次をご覧ください。
2001年 6月 5日



新しいパーソナルプリンティングの世界の実現に向けて
〜 「いつでも どこでも だれでも」プリントできる環境とプリントの楽しさを追求 〜

 ソニーは、ハードウェアの基本性能向上はもちろん、ユーザーが使いやすいGUI (グラフィカル・ユーザー・インターフェース)開発やアプリケーション開拓により、プリントする楽しさと、 いつでも(anytime)、どこでも(anywhere)、だれでも(for anyone)デジタルカメラからの画像をはじめとした様々なコンテンツをプリントできる環境を 家庭用/業務用の両面からユーザーに提供して参ります。
 当社は、今後、"Print by Sony 〜anytime, anywhere, for anyone〜"というコンセプトのもと新たなパーソナルプリンティング市場を創造し、全世界で積極的にビジネスを展開します。

Print by Sonyロゴ
Print by Sony =「いつでも(anytime)、どこでも(anywhere)、 だれでも(for anyone)プリントできる環境の提供とプリントの楽しさを追求した 新しいパーソナルプリンティングの世界の実現」というコンセプトを表したもの。

 近年、一般家庭でのデジタル機器の普及と共に、パーソナルコンピューター(以下PC)や インターネットと組み合わせて、ユーザーがデジタルスチルカメラやデジタルビデオカメラで 撮影した映像を加工・編集し、ネットワークを利用して配信・共有するなど、映像の楽しみ方が 広がっています。


 このような背景の中、当社は、プリンターの位置づけを「印刷する」という従来のプリンター の枠を超え、操作性を向上する付加機能の搭載/ネットワークサービスまで含んだプリンター ソリューションへと変化させていきます。
 今回、CD−R/RWドライブやタッチパネル液晶モニターを搭載し、PC接続なしに簡単にCD−R/RWに保存できたり、テレビなどが無い環境でも気軽に画像加工・編集、 オリジナルカレンダーなどのカスタマイズされたプリントを楽しめる家庭用デジタルフォトプリンターを商品化することで、新たなホームプリントエンターテインメントの可能性を広げていきます。
 また、業務用として、独自開発のGUIによる簡単操作、コンパクト設計でデジタルDPE サービスを手軽に店舗展開できるシステムもあわせて商品化します。
 本機は、量販店、ミニラボチェーン、そのほか人の集まる観光地/飲食店などに幅広く提案し、 いつでも(anytime)、どこでも(anywhere)、だれでも(for anyone)簡単にデジタルフォトのプリントを得られる環境を構築していきます。
 更に将来的には、本機から直接インターネットに接続し、画像データをWebにアップロード して保管したり、ダウンロードしてプリントするという「ビジュアルコミュニケーション」 サービスまで対応したプリンターへと発展させる予定です。

 ソニーでは、ハードウェアの商品力強化と、Ubiquitous Value Network(ユビキタス バリューネットワーク;いつでもどこでも手軽にネットワーク接続できる世界)の実現に向け、ハードウェアとネットワークサービスと組み合わせた統合ビジネスモデルを構築し、ソニーならではの魅力・付加価値を持つ商品づくり を目指しています。

 今後、当社はプリンタービジネスにおいても、ハードウェアの高性能化を図るとともにソニーが持つ多彩な商品・サービスとの連携をより深めながら、デジタル写真だけでなく、ネットワーク上で扱われるドキュメント、グラフィックスなどの様々なコンテンツや ネットワークサービスに対応したプリンターソリューションを提供していく予定です。 主に1)デジタルフォト、2)ゲーム、3)ITの領域で、ソニーならではの新しいパーソナルプリンティングの世界の実現に向けプリンタービジネスに取り組んで参ります。