SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く



プレスリリース

< 報道資料 >

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関しては、ソニーマーケティング(株)「SonyDrive」をご覧ください。
ソニーマーケティング(株)発表の広報発表文(ソニー製品等)はこちらの目次をご覧ください。
2001年10月17日



平面FDトリニトロン管、HD 1080/24P システム、民生用カムコーダーの技術開発および実用化などで、2001年エミー賞を受賞



 ソニーは、「米国テレビ芸術科学アカデミー(The National Academy of Television Arts & Sciences "NATAS")」より、平面FDトリニトロン管、HD 1080/24P システムおよび民生用カムコーダーの技術開発・実用化に対し、2001年エミー賞を受賞致しました。 なお授賞式は、現地時間10月16日夜にニューヨークにて開催されました。
ソニー・エレクトロニクス社長兼COO西田不二夫のコメント:
「私どもソニーは、お客様のライフスタイルをさらに向上させる製品および技術の開発に全力を注ぐべく日々努力しております。 3つの技術分野において、全世界において最も評価の高い賞のひとつであるエミー賞を受賞できたことは、大変な光栄です。」
[受賞理由]
平面FDトリニトロン管は、ソニーのFDトリニトロン・テレビ・ラインアップに採用されています。 1996年に日本から順次発売されたFDトリニトロンはその類まれな画質、パフォーマンス、またデザインによって、お客様に対し新たなテレビ鑑賞のコンセプトを提案したことが評価されました。 以前にも1973年に初代のトリニトロン・テレビの技術開発への貢献が評価され、エミー賞を受賞しています。

HD 1080/24P システムは、最も経験豊かなコンテンツ・クリエーターの要望にも十分対応できる徹底的な放送業務用ハードウェアのサポートを可能にしました。 映画製作者のジョージ・ルーカス氏は、このHD 1080/24P システム、CineAltaTM(シネアルタ)を使用して、次回作のスターウォーズ「エピソードII」を撮影しました。 また、その他コマーシャルやミュージックビデオの撮影等、さまざま分野でも使用されています。

民生用カムコーダー市場への貢献は、これまでの8mmビデオ、DVおよびDigital8フォーマットの開発を通じた市場創造が評価されたものです。 最近では、より小型・軽量かつ高画質なカムコーダーを実現するフォーマット、MICROMV方式を採用した製品を発表しました。

エミー賞受賞 実績(2001年10月現在)
■エミー賞とは
エミー賞は、1948年「米国テレビ芸術アカデミー(The National Academy of Television Arts and Sciences: NATAS)」によって設立されたもので、テレビ技術や科学技術の発展に寄与し、貢献の高かった企業・団体や個人に対して授与される放送業界でもっとも権威のある賞です。 賞には、1)放送業界における技術開発に対して与えられるもの、 2)テレビ局に対して与えられるもの、 3)俳優・番組・プロデューサーに対して 与えられるもの、 4)米国以外の優秀なテレビ番組に対して与えられるもの、の4種類があります。
■ 受賞実績(通算27件)
1973年 ・トリニトロン カラーテレビ開発
1976年 ・3/4インチ UマチックVTRの開発
1979年 ・放送業務用 タイプCフォーマット1インチVTRの開発
1982年 ・盛田昭夫の「技術開発にとどまらない、国際交流、国際協力における多大な貢献」に対し「特別貢献賞」
1984年 ・静止画の記録/再生が可能な放送業務用タイプCフォーマット1インチVTR「BVH-2500」の開発・商品化
1985年 ・高速度記録ビデオシステム"スーパーモーション・ビデオ・システム"の 開発
1986年 ・ベータカムVTRフォーマット開発・商品化
・ ベータマックスの商品化によるタイムシフトへの貢献
・ オフライン編集システムの開発(*1)
1988年 ・D-1フォーマット4:2:2デジタルコンポーネントVTRの開発及び実用化(*2)
1989年 ・D-2フォーマットデジタルコンポジットVTRの開発及び実用化
1990年 ・静止画転送技術の報道への貢献
・自動カセット管理システムの番組送出の自動化への貢献
・メタルテープ技術
1991年 ・森園正彦の放送業界への貢献
・ CCD(電荷結合素子)技術
・ CDのデジタルオーディオ技術
1993年 ・シリアル・デジタル・インターフェースの実用化
1994年 ・CCDのオン・チップ・レンズ技術の開発
1995年 ・デジタルベータカムVTRフォーマット開発・商品化
1998年 ・HD(High Definition)テレシネシステムの開発および実用化(*3)
1999年 ・デジタルHDスタジオVTRニDW-500J発および実用化(*1)
・チャールズ スタインバーグの放送業界への貢献(The Charles F. Jenkins Lifetime Achievement Award Emmy)(*1)
・DVD技術の開発
2001年 ・平面FDトリニトロン管の技術開発および実用化
・ HD 1080/24P システムの技術開発および実用化
・ 民生用カムコーダーの技術開発および実用化



*1 Academy of Television Arts and Sciences:ATASより受賞
*2 ソニー株式会社と、開発を担当した江口武夫の双方が受賞
*3 ソニーピクチャーズエンタテインメントHDセンターが受賞