プレスリリース

< 報道資料 >

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関しては、ソニーマーケティング(株)「SonyDrive」をご覧ください。
ソニーマーケティング(株)発表の広報発表文(ソニー製品等)はこちらの目次をご覧ください。
2002年10月9日



容積1.5mlの超小型テレビチューナーモジュールを商品化
〜 モバイル機器への内蔵を可能とする小型・薄型化の実現で、テレビ放送を楽しむ世界が広がります 〜


 ソニー株式会社は、日本国内の現行地上波テレビ放送を受信できる容積1.5mlの超小型テレビチューナーモジュール『BTF-ZJ401』と、ステレオ/音声多重放送にも対応した容積2.5mlのテレビチューナーモジュール『BTF-ZJ411』を商品化し、2003年2月1日よりサンプル出荷します。
 ノートパソコンやPDAなどのモバイル機器でテレビ放送をお楽しみいただけるキーデバイスとして、両チューナーモジュールを今後広く提案してまいります。

超小型テレビチューナーモジュール『BTF-ZJ401』(左)、『BTF-ZJ411』(右)
写真:超小型テレビチューナーモジュール『BTF-ZJ401』(左)、『BTF-ZJ411』(右)


型 名 サンプル出荷時期 サンプル価格(税別)
超小型テレビチューナーモジュール
・BTF-ZJ401(モノラル音声)
・BTF-ZJ411(ステレオ/音声多重放送対応)

2003年2月〜

35,000円
40,000円

 テレビ放送を受信するチューナーモジュールは、アンテナを介して入力されたRF信号から特定のチャンネルの信号を選局して増幅する高周波部と映像音声信号に変換する復調部で構成されています。従来のチューナーモジュールでは、多数の空芯コイルを組み合わせたアナログ回路でこの高周波部を構成しており、モバイル機器への搭載にあたって求められる小型化、薄型化や低消費電力化を図ることが困難でした。
 ソニーは、高周波部と復調部の機能を実現するそれぞれ専用の半導体を独自に開発し、発振器や増幅器などを一体化するとともに、空芯コイルを置き換えることで、チューナー モジュールの小型・薄型化を可能にしました。
 今後は、デジタル機器向けにデジタルインターフェース機能を内蔵するなど、市場ニーズに対応した製品ラインナップの拡充に取り組んでまいります。


●主な特長


1.超小型、軽量
『BTF-ZJ401』では、同等機能を有する当社現行チューナーモジュールに比べて1/25に相当する容積1.5mlを実現。薄型(厚さ3.0mm)、軽量(3.5g)のため、様々なモバイル機器への搭載が可能です。

2.優れた受信性能
超小型でありながら、SN比47dBの受信性能を実現しています。

3.低消費電力
0.8W(『BTF-ZJ401』)の低消費電力を実現したことにより、バッテリー駆動機器への搭載を容易にしました。

4.音声多重放送に対応(『BTF-ZJ411』)
『BTF-ZJ411』では、ステレオ/音声多重放送に対応しています。


●主な仕様


BTF-ZJ401 BTF-ZJ411
入力チャンネル
               VHF : 1 〜 12 ch
               UHF : 13 〜 62 ch
               CATV: C13 〜 C63 ch
復調出力 Video 1.0 Vp-p
Audio(モノラル) 350 mVrms
Video 1.0 Vp-p
Audio(ステレオ) 350 mVrms
電源 3.3 V / 5.0 V 5.0 V
消費電力 0.8 W 1.4 W
動作温度                 -10 〜 60 ℃
外形寸法
 (端子部を除く)
25.0 mmX 20.0 mm X 3.0 mm 40.0 mm X 22.5 mm X 2.8 mm
容積 1.5 ml 2.5 ml
質量 3.5 g 4 g


●お客様からのお問合せ先
ソニーケミカル株式会社 市場開拓部
TEL:03-5435-3966  FAX:03-5435-3078