プレスリリース

< 報道資料 >

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関しては、ソニーマーケティング(株)「SonyDrive」をご覧ください。
ソニーマーケティング(株)発表の広報発表文(ソニー製品等)はこちらの目次をご覧ください。
2002年11月5日



カーオーディオ「XR-777MkII」、「XR-757」の無償点検・修理の告知について


 ソニー株式会社は、1990年12月から1993年2月にかけて製造・販売したカーオーディオ「XR-777MkII」「XR-757」について、無償で点検・修理を行う旨の告知を日本国内において実施致します。
 今回の点検・修理は、当該機種に設計不備があり、長年にわたる使用により、接続されたスピーカーから音が出なくなったり、場合によっては発煙、発火に至る可能性があることが判明したため、これに対処する ものです。

 お客様への告知につきましては、当社のホームページおよび11月6日付の新聞告知により、順次ご案内させていただき、下記フリーダイヤルにてお客様からのお申し出・ご照会をお受けし、当該機種の無償点検・修理をさせていただきます。

対象製品: ソニー カーオーディオ「XR-777MkII」、「XR-757」
XR-777,XR-757
対象台数: 約38,000台(発売地域は日本国内のみ)
受付窓口: ソニー 車載機器受付センター
専用フリーダイヤル 0120-50-5807
受付時間: 平成14年11月5日(火曜日)
午後3時〜午後8時 平成14年11月6日(水曜日)より
月曜日〜金曜日     午前9時〜午後8時
土曜日・日曜日・祝日     午前9時〜午後5時
インターネットによるお知らせ:
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/ServiceArea/Car/index.html


今回判明した原因および現象

1) 本体パワーIC部の構造において、コンデンサーがパワーアンプICの真上に取り付けられており、長期間の使用等でコンデンサーが劣化し、液漏れにつながる可能性がある。

2) このコンデンサーから液漏れを生じた場合、当該機種では、コンデンサーの真下にパターンがあり、漏れた液が基板上のパターンに反応しコンデンサーの端子間の絶縁状態が低下、アンプの出力側に 直流電流が発生することがある。

3) この直流電流がスピーカー本体のボイスコイルに流れることで、ボイスコイルが高熱を帯び、断線を起こしたり、場合によってはスピーカーの発煙・発火につながる可能性がある。

上記の解析に基づき、当社は無償点検・修理の告知、お問い合わせに対する体制構築などの準備を進め、経済産業省をはじめ関係業界団体に報告し、この度の実施に至っております。