プレスリリース

< 報道資料 >

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関しては、ソニーマーケティング(株)「SonyDrive」をご覧ください。
ソニーマーケティング(株)発表の広報発表文(ソニー製品等)はこちらの目次をご覧ください。
2003年1月8日



アイワブランドを刷新
"エレクトロニクス事業を強化・拡大"

aiwaロゴ


 ソニーは、アイワのロゴマークを改定し、アイワブランドの刷新を図ってまいります。
 新ロゴは、躍動感に溢れ、新しい時代の波を創り出すアイワをイメージしたもので、国内で2月から発売の商品より順次採用してまいります。
 ソニーはアイワブランド商品を、若者を中心に"プライベートな空間で楽しむ、シンプルで使いやすい商品"と位置付け、積極的に商品開発を進めます。

 アイワの新しいブランド展開にあたり、昨年12月1日付で発足したアイワビジネスセンター(プレジデント:平内優)は、ソニーの製造・販売プラットフォームを活用し、市場の変化に迅速に対応する効率的なオペレーションを構築してまいります。具体的には、日本・米国・欧州などAV商品の成熟市場では、"Net MD"やデジタルスチルカメラなどの、パソコンとつないで音楽や画像を手軽に楽しむことができる新規商品群を導入し、積極的な広告投資とともに、アイワ商品の新しいブランドイメージを構築します。
 一方、中南米・アジア・中近東などAV製品の成長市場では、商品力のさらなる強化を図るなど、地域ごとに最適な事業戦略を推進してまいります。

 さらに、大手流通の寡占化が顕著な米国においては、アイワ商品の販売・マーケティングを行うAiwa Strategic Accounts Partnership, Inc. (ASAP)を昨年11月1日に設立しました。新会社は固定費を抑え、アジアの製造拠点と米国の大手流通をダイレクトにつなぐサプライチェーンを実現するなど、低コストオペレーションを徹底的に追求する新しいマーケティング手法の確立に挑戦してまいります。

 ソニーは、従来のアイワ商品にはなかった領域を広げ、新たなビジネスチャンスを創出し、生活におけるシーンと用途に応じてソニーブランド商品とアイワブランド商品をお客様にお選び頂けるよう、エレクトロニクス事業を強化・拡大してまいります。

以 上