プレスリリース

< 報道資料 >

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関しては、ソニーマーケティング(株)「SonyDrive」をご覧ください。
ソニーマーケティング(株)発表の広報発表文(ソニー製品等)はこちらの目次をご覧ください。
2003年3月6日



LDShot Print by Sony

写真に迫る高画質印刷を実現するインク液の飛翔制御技術「LD Shot」技術を開発
〜ラインヘッド方式インクジェットプリンター(試作機)において、A4印刷を約6秒で実現〜


 ソニー株式会社は、ラインヘッド方式にインクジェットプリンター向け飛翔制御技術LD Shot (Lateral Deflection Shot) 技術を組み合わせることで、写真に迫る高画質A4印刷を最速6秒で実現しました。既に商品化されている昇華型プリンターに加え、「ラインヘッド方式 インクジェットプリンター」の実用開発を進めることで、拡大するプリンター市場への対応を 目指します。

 年々進化するデジタルカメラの高画素化及び高画質化とともに、それに対応すべく プリンターにおいても印刷性能が向上し、現在では写真に迫る高画質印刷も可能になってきました。しかし、印刷の高画質化に伴い、印刷に要する時間も長くなり、高画質化と高速化の両立は、技術上の大きなチャレンジとなっています。

 今回の開発では、ラインヘッドとLD Shot技術を組み合わせることにより、高速・高画質の両立を実現しました。

(例)シリアルヘッド方式(左)とラインヘッド方式(右)
(例)シリアルヘッド方式(左)とラインヘッド方式(右)


 LD Shot技術とは高速・高画質を両立させるための技術で、インク液滴の吐出偏向を実用化する 様々な制御技術を包括したソニー独自の技術の総称です。このLD Shot技術を用いてインク液滴制御を行うことで、1つのノズルから任意(複数)の位置へインク液滴を安定して吐出することができる為、インク液滴の不揃いによる<筋ムラ>やノズル詰りなどにより線状に印刷されない部分が発生する<ライン抜け>を補正することで高画質化が図れます。さらにノズルピッチのn倍の高解像度化も可能で、高速が特長のラインヘッド方式インクジェットプリンターにおいて写真に迫る高画質を実現しています。


拡大図
画像


 今回開発した試作機は、A4サイズ対応で、YMCK4色(黄、マゼンタ、シアン、黒)のインクを 用いた各色600dpiのノズルピッチ、全色で20480個のノズルから成るヘッドが搭載され、現在市販されている一般的な4色インクジェットプリンターの最高画質とほぼ同画質の画像を約6秒で印刷することが可能です。

LD Shot


 このLD Shot技術の開発により「ラインヘッド方式インクジェットプリンター」の実用化が大きく前進しました。ソニーは、今後もラインヘッド方式インクジェットプリンターの研究開発に積極的に取り組み、さらなる高画質化、高速化、多様化する市場ニーズに対応した製品を実現する技術開発を続け、製品発売を目指していきます。


「LD Shot」と「Print by Sony」はソニー株式会社の商標です。