プレスリリース

< 報道資料 >

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関しては、ソニーマーケティング(株)「SonyDrive」をご覧ください。
ソニーマーケティング(株)発表の広報発表文(ソニー製品等)はこちらの目次をご覧ください。
2003年6月25日



<ご参考>
家電・コンピューター・モバイル 17社で "DHWG"を設立
〜多様な機器間でコンテンツ共有を実現する設計ガイドラインを策定〜


Digital Home Working Group(DHWG )
デジタルホーム・ワーキンググループ



 2003年6月24日サンフランシスコ発− 家電、コンピューター、モバイル業界の17社は本日、非営利団体であるデジタルホーム・ワーキンググループ(以下DHWG)の設立を発表しました。DHWGを構成するのは、インテル、富士通(株)、ゲートウェイ、HP、IBM、(株)ケンウッド、Lenovo、マイクロソフト、NECカスタムテクニカ(株)、ノキア、松下電器産業(株)、フィリップス、サムスン電子、シャープ(株)、ソニー(株)、STマイクロエレクトロニクス、トムソンの計17社です(アルファベット順)。

 DHWGの目的は、音楽・写真・ビデオなどのデジタルコンテンツを、家電・PC・モバイルなどの機器間で簡単に共有することです。そのためのオープンな相互接続性を構築すべく、業界標準技術に基づいた技術的な設計ガイドラインを策定して、各社に有線・無線ネットワーク対応のデジタルホーム製品の開発を促進します。製品の例として、パソコン、テレビ、セットトップボックス、プリンター、ステレオ、携帯電話、PDA機器、DVDプレーヤー、デジタルプロジェクターなどの機器を想定しています。

 ブロードバンドの普及が進む現在、ユーザーは家庭の離れた場所にある色々な機器の間で、ソースを気にせずコンテンツを、もっと簡単に楽しみたいと望んでいます。しかし、デジタルメディアは増え続け、記録、視聴、管理する機器は家電・PC・モバイルなど多岐に渡り、異なる技術やフォーマットが配線、操作、管理を複雑にしているのが実状です。

 DHWGの技術的な設計ガイドラインは、相互接続性のある様々なブランドの製品やソリューションを提供します。今後1年以内に、ガイドラインに準拠した製品を届けることを目標としています。DHWGの設計ガイドラインは、IPやUPnP、Wi-Fiなどの様に、確立・認知された標準フォーマットを活用します。また、相互接続性のためにフォーマットは、基準 スペックを満たし、国際的な標準化団体に正式認定され、IPが公正な条件でライセンスされたものに限ります。ガイドラインは今後も、現在の標準技術と将来の技術を融合し、発展していきます。

 これらのガイドラインに基づいて、その認証、共通ロゴ、DHWGの利点を業界やユーザーに伝えていくマーケティングや促進など一連のプログラムも検討して、会員企業に提供していく予定です。DHWGガイドラインに準拠した製品で、お客様はより安心して機器同士を 接続し、コンテンツやサービスを簡単に楽しめるようになります。また、家電、モバイル、コンピューターの各業界には新たな商機を生み出し、会員企業のネットワークAV機器、 システム、ソフトウエアや部品の開発・製品化を加速するでしょう。

 DHWGの詳細は、添付の英文リリースおよびホームページ http://www.DHWG.org. をご参照下さい。



以上