プレスリリース

< 報道資料 >

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関しては、ソニーマーケティング(株)「SonyDrive」をご覧ください。
ソニーマーケティング(株)発表の広報発表文(ソニー製品等)はこちらの目次をご覧ください。
2003年8月19日



<ご参考>
メモリースティックロゴ 小型化・高速データ転送のニーズに応えるメモリースティック

 ソニー株式会社は、携帯電話やポータブルオーディオプレーヤーなど、メモリースティック対応機器の 小型軽量ラインアップが拡大する中、小型化を追求した「メモリースティック Duo」の新たなラインアップを展開していきます。

 昨年7月に発売された「メモリースティック Duo」は、標準サイズの「メモリースティック」に比べ約1/3の小型化、約1/2の軽量化を実現したことにより、対応機器の更なる小型軽量化を可能にし、対応領域を広げています。対応製品の小型軽量化が進む一方、記録されるコンテンツはネットワークのブロードバンド化とともに多様化・大容量化し、またデータ転送速度向上に対するニーズが高まりつつあり、「メモリースティック Duo」の更なる機能拡張などが求められています。

 今回導入する「メモリースティック Duo」は、現行機器との高い互換性を保ちつつ、新たにパラレル・インターフェースを搭載することで、データ転送速度を最大値160Mbps(理論値)に高速化します※1。これにより、特にデータの読み出しにおいて大幅な高速化が実現されます。また、シリアル・インターフェースによる従来機器での利用も可能です。
 また、パラレル・インターフェースの搭載にあわせて、著作権保護技術「マジックゲート」を標準搭載することで、ブロードバンド時代に向けた音楽など各種セキュアコンテンツの電子配信への対応が可能となります。
高速データ転送を実現することで、今後さらに拡大が見込まれるメモリースティック Duo対応機器での利便性を更に高めるものとして、本年9月末より32MB、64MB、128MBの発売を全世界で順次開始してまいります。
※1 パラレル・インターフェース対応機器と組み合わせた場合。
  読み出し・書き込みのアクセス速度については、使用する機器により異なります。

 一方、サンディスク社と共同開発した新世代メモリースティック・フォーマット「メモリースティック PRO」が今年初頭に発表され、256MB、512MB、1GBタイプが既に今年3月末より全世界で発売されています。
今回導入する「メモリースティック PRO Duo」は、「メモリースティック PRO」フォーマットがもつ先進技術と拡張性はそのままに、メディアの小型化を実現しています。「メモリースティック PRO Duo」と同フォーマットに対応した機器との組み合わせにより、高画質動画データの記録など、より高度な楽しみ方を提供することが可能です。
 さらに「マジックゲート」を標準装備することで、著作権保護が必要なコンテンツにおいても高いセキュリティの確保を可能にする、まさに新世代のメディアとして今後のアプリケーションの広がりが期待されます。 急速に進むネットワークのブロードバンド化とハードウエアやソフトウエアの進化により、メモリーカードにおいても、高画質連続動画の記録再生をはじめとした、より高度で多様な次世代アプリケーションへの 対応が期待されるようになってきた中で、進化した機能を搭載し、かつ小型化を追求した「メモリースティック PRO Duo」は256MB及び512MBを本年それぞれ9月末、10月末より全世界にて順次発売開始します。
※対応機器で利用できる「メモリースティック PRO Duo」の記録容量、転送速度、機能などは、対応機器の仕様によります。

 「メモリースティック Duo」と「メモリースティック PRO Duo」を加え、「メモリースティック」は今後さらに多くの カテゴリーの製品やサービスに採用されると予想しており、「メモリースティック Duo」及び「メモリースティック PRO Duo」を含めたメモリースティック出荷枚数は、2004年には累計1億3000万枚、2005年には同2億1000万枚の出荷を見込んでいます。また、対応機器も、当初見込みを大きく上回り、2004年には累計出荷台数1億2500万台、2005年では2億台になると予測しています。

 「メモリースティック」は、"お客様とコンテンツ、サービスをつなぐメモリースティック・プラットフォーム"として、今後もさらに充実し進化していきます。

メモリースティック出荷台数推移



メモリースティック関連URL
開発者向けホームページ:
http://www.memorystick.org
一般のお客様向けホームページ:
http://www.memorystick.com









※記載されているシステム名、製品名は、一般に各開発メーカーの登録商標あるいは商標です。