お客様視点に立った製品・サービスのための取り組み

人間中心設計(Human Centered Design)

技術の進歩による製品の多機能化やユーザーインターフェース(UI)の進化に応じて、できるだけ使いやすく、快適に利用できる製品やサービスの提供を目指しています。また、人間中心設計(Human Centered Design : HCD)の考え方に基づき、調査・企画・設計・検証の各過程において、ユーザー=お客様の視点に立った活動を推進しています。

ユーザーリサーチ

日本、北米、欧州、インド、中国など国内外の拠点が連携してユーザビリティリサーチを実施できる体制と環境を整えています。開発初期よりユーザー視点での製品開発を目指し、各地での家庭訪問やインタビューを通じたユーザーリサーチを行っています。

ユーザビリティテスト

見やすさや分かりやすさ、反応の良さなどの「使いやすさ」を確認するため設計・検証過程では、実際に使用するユーザーの生活する地域でのユーザビリティテストを積極的に実施し、課題発見と修正を重ね、製品の発売前に「使いやすさ」を改善しています。
また、製品の発売前だけでなく、発売後の実生活での「使いやすさ」においても、に不満や不具合が生じていないかを把握するため長期的な利用状況調査や実ユーザーへのインタビューを実施しています。

ユーザビリティテストの様子 ユーザビリティテストの様子

社内モニター制度

社内においては、社員がユーザビリティテストやアンケート調査に協力する「社員UIテスター制度」を設けています。この制度により、社内での迅速なユーザビリティテストが実現し、「使いやすさ」の早期改善を支えています。

社内基準の策定

ソニーグループの製品やサービスの設計代表者が集まり、ソニーとして達成すべき「使いやすさ」の基準を定めています。これらのUIの設計基準やノウハウは、社内ポータルサイトで共有し、ソニーグループの誰もが参照できます。

このページの先頭へ