CSR・環境・社会貢献

コンテンツメニュー

ユース・オン・アサインメント(YoA:Youth on Assignment)について

ユース・オン・アサインメント(YoA)とは、写真や映像を学ぶ才能あふれる学生を、ソニーが世界中で展開する社会貢献などのCSR活動の現場へ招待し、撮影機会を提供するというプロジェクトです。World Photography Organization(WPO)が主催する写真コンテスト、ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワードのユース部門の入賞者をはじめCSR活動の現場に近い地元の学生が参画しています。


プロカメラマンを目指す若者たちにとって、「生きた現場」を取材することは最適な実践トレーニングの場となる一方、彼らが撮影した作品は、世界の国々で実際に起きている社会問題とそれを解決しようとするさまざまな取り組みを、多くの人たちに知ってもらうきっかけにもなっています。


ソニーはWPOと2012年からこのプロジェクトを協働し、学生が使用する機材の提供ならびに運営資金のサポートを行っています。また、プロジェクトで使用した機材は参加した学生が所属する学校に寄贈され、さらに多くの学生たちに教育の機会を提供しています。


YoAプログラムの概要

*ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード
( Sony World Photography Award)

プロフェッショナル、アマチュアの枠を超えてフォトグラファー同士が交流できる国際的な機会を提供することを目的として、毎年1回開催している国際的写真コンテスト。ソニーは2007年よりスポンサーとして活動を支援しています。

これまでにYoAで学生が派遣されたCSRプロジェクト

EYE SEE ユニセフ子ども写真プロジェクト
▶詳しく見る
南アフリカ移動図書館車プロジェクト
▶詳しく見る
マラウィ民話プロジェクト
▶詳しく見る
パブリックビューイング・イン・タンザニア
▶詳しく見る

パートナー

World Photography Organisation

■WPO(World Photography Organisation)

ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード(Sony World Photography Award)を主催するWPOは、プロフェッショナル、アマチュア、学生による写真活動を支援し、フォトジャーナリズム、芸術、商業写真における最新トレンドを伝え、発信するためのフォトグラファー同士が交流できる国際的な場やプログラムを提供しています。

このページの先頭へ