CSR・環境・社会貢献

コンテンツメニュー

国際環境NGO、コンサベーション・インターナショナル(以下"CI")とソニーは、地球上の生物多様性の保全活動を、長年、共に行ってまいりました。
安定した気候、きれいな空気、水、食料、文化など、計りきれない恵みを私たち人間に提供している地球上の生物多様性。しかし、地球上の人口が70億人を超えた今、人間の経済活動は、以前にも増して生物多様性に深刻な負担を与えています。そして、特に豊かな生物多様性を有するにも関わらず、そのほとんどが破壊の危機にひんしている地域は、「生物多様性ホットスポット」としてCIにより選定され、優先的な保全の必要性が訴えられています。
CIとソニーは、1995年からソニーの技術を駆使した映像によって地球上の生物多様性の重要性を伝える活動を開始し、2011年より映像分野における新たなパートーシップ「Visual Storytelling Alliance - 映像を通じた、生物多様性保全の取り組み - 」の下、3D映像機器をはじめとした、最先端画像技術を搭載した機器を使用、学術的にも貴重な野生の動植物の映像を圧倒的なリアリティー映像で記録し続けています。これらの映像は、テレビ番組や教育機材として使用されており、生物多様性ホットスポットの重要性を訴える取り組みに活用されています。
CIとソニーの映像分野でのパートナーシップにおける活動の取り組みを映像でご覧ください。


(3Dのオリジナル映像を元に、2D / Web用に最適化しています)
Visual Storytelling Alliance Vol1.
- 映像を通じた、生物多様性保全の取り組み -
コロンビア, マダガスカル, 南太平洋などの生物多様性のホットスポットで撮影された映像をご覧ください


ソニーは今後もCIとともに、最先端の映像テクノロジーを通じて、世界中の人々に、貴重な生物多様性の姿を届け、その重要性を広く伝えることによって、生物多様性の保全活動に取り組んでまいります。

1995年からのCIへの支援内容

ソニーは希少動植物記録用の映像機材の提供を通じ、1995年よりCIの活動および、情報発信力の強化をサポートしてきました。

1995年 映像機器の寄贈
ビデオカセットレコーダー、カムコーダー、テレビモニター、レコーダー等のAV映像機器を寄贈しました。フィールドでの撮影に役立てていただきました。
1998年 映像編集機器の強化
ベータカム、モニター、スイッチャー、オーディオミキサーなどを提供。撮影した映像を編集する機材を強化しました。
2005年 デジタル化のサポート
デジタルベータカム、レコーダーなど映像をデジタル化し、記録することができる機材を提供いたしました。
2010年 HD/3D映像機材、一眼レフ寄贈
HDカムコーダー、レコーダー、3Dハンディカム、一眼レフカメラなど、高画質・高精細な映像で、よりリアリティーのある記録を残せる機材を提供しました。
2012年 フィールド活動支援機材の強化
業務用3Dカムコーダー、NXカムと水中撮影用ハウジング、デジタル録画双眼鏡を寄贈。CIの調査活動や撮影の可能性を更に広げています。
リーフレットダウンロード

リーフレットの印刷方法

コンサベーション・インターナショナル (Conservation International) に関して

科学に基づく戦略とパートナーシップ、そしてフィールド活動の実践により、持続可能な社会の実現を目指す国際環境NGOです。安定した気候、きれいな空気、水、食料、文化など、人々へ計りきれない恵みを提供している生物多様性を保全し、自然に対して責任を持ち、配慮する社会へ働きかけます。世界4大陸、30カ国以上で約900名のスタッフが、1000を超えるパートナーたちと共に生物多様性保全活動に従事しています。


コンサベーション・インターナショナルのホームページ


このページの先頭へ