難民問題への取り組み

ソニーは、難民問題を重要なグローバル課題のひとつと位置づけ、CSR活動を通じて社員の意識啓発に取り組んでいます。この一環として、2007年からUNHCR難民映画祭を継続支援しているほか、グループ社員が難民問題への理解を深められるよう、勉強会やイベントの開催も行っています。

難民問題について

紛争に巻き込まれたり、宗教や人種、政治的意見といった様々な理由で迫害を受けるなど、生命の安全を脅かされ、他国に逃れなければならなかった人々のことを「難民」といいます。また、紛争などによって住み慣れた家を追われ国内にとどまっているか、あるいは国境を越えずに避難生活を送っている「国内避難民」も近年増加しています。このような人々も、難民と同様に外部からの援助なしには生活できません。適切な援助が実施できなかった場合、これらの人々は国境を越えて難民となり、受け入れ国の政府や国際社会は、より重い負担を強いられることになってしまいます。

UNHCR難民映画祭への協賛

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所と国連UNHCR協会が、日本に住む人々に難民問題のリアルな姿に触れてもらう機会を提供することを目的に「UNHCR難民映画祭」を毎年開催しています。映画祭では世界の各地で今まさに起きている難民の物語が上映され、ソニーは2007年から継続的に協賛しています。

意識啓発のためのイベント・勉強会の開催

ソニーグループの中から、国連UNHCR協会のチャリティランナーとしてマラソン大会に参加する社員を募集し、スポーツを通じて難民問題への関心を高める活動を行っています。また、チャリティランナー以外の社員も参加する社内ランイベントを開催し、難民問題についての勉強会も行いました。

UNHCR・国連UNHCR協会とは

UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)は国連難民高等弁務官事務所の略称で、1950年に設立された国連機関の一つです。UNHCRは、難民・国内避難民などを国際的に保護・支援し、難民問題の解決に向けて活動しています。2016年12月末時点で紛争や迫害を逃れ、家を追われた人の数は6560万人になりました。UNHCRは1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞し、現在では世界約130か国において11,000人を超える職員が活動をしています。 また、国連UNHCR協会は、UNHCRの日本の公式支援窓口として、UNHCRの活動を支え続けるための広報・募金活動を行っています。

ソニーグループからの寄付金は国連UNHCR協会に寄付され、UNHCRの人道援助活動に役立てられています。

このページの先頭へ