環境にも配慮した高性能レンズ

狙った瞬間を確実に捉える高度な性能を備えたソニーのレンズ製品。独自技術によって高い製品クオリティを実現する一方で、環境への配慮も行なわれています。

ソニーが実践する環境配慮と省資源

ソニーでは「Road to Zero」という環境計画を掲げ、高性能の製品を生み出すとともに、事業活動と製品のライフサイクルを通じて環境負荷をゼロにすることを目指しています。製品を軽量化することで、高い操作性を実現しているだけでなく、新たに採掘される資源も含め、材料使用量を最小限に抑えることも追求しています。

機能美も、環境配慮も。

FE600mm F4 GM OSSは、500mm F4 G SSMから総重量比約10%以上の軽量化を実現しました。

[1]  500mm F4 G SSM [2]  DSLR-A900 [3]  FE 600mm F4 GM OSS [4]  α9

構造を最適化したデザイン設計

鏡筒パーツの見直し

鏡筒の構造を見直し、形状を最適化したデザインにすることで、使用する材料を最低限に抑えました。ソニーでは、「Road to Zero」を念頭に、材料の使用量をさらに削減する取り組みを続けています。

バージンプラスチック使用量の低減

バージンプラスチックの使用量を、従来の交換レンズと比較して約34%抑制しました。

画像はイメージです。

効率的なレンズ構造

高い精度を実現するソニー独自の超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズをはじめ、蛍石レンズを配置することで、品質に妥協することなく大幅な軽量化を実現しました。

プロのニーズに応える高性能

自然な表情や躍動する瞬間を捉えるソニーの超望遠レンズ。超望遠だからこそ実現できる距離、角度、深さで、立体感ある1枚を瞬時に切り取る。クリエイティブな可能性が無限に広がります。

環境を意識した最先端のイノベーションを推進する

金子 周平

FE 400mm F2.8 GM OSS/FE 600mm F4.0 GM OSS プロジェクトマネージャー

「環境を意識した最先端のイノベーションを推進する」のイメージ

高い描写性能をはじめ、被写体を追いかけるフレーミングのしやすさや、持ち運びやすさなど、開発にあたり、実際に多くの撮影フィールドを訪問し、フォトグラファーが遠く離れた被写体の躍動する瞬間を印象的に切り取るためにはどんな要素が必要なのかを、徹底して研究しました。

また、新規の光学設計に加え、軽量なマグネシウム合金の採用などにより軽量化を実現すると同時に、レンズエレメントやバージンプラスチックといった投入資源を削減することで、環境への配慮も行なっています。

フォトグラファーが世界に発信する迫力のある作品を通して、ソニーの最先端技術はもちろんのこと、交換レンズの設計面から環境への配慮も行なっていることを伝えていけたらと思っています。

その他の製品の環境配慮もご覧ください

Footnotes

  1. 1 三脚座を除く。
  2. 2 FE 600mm F4 GM OSSと500mm F4 G SSMの縮尺比率は同じではありません。実際のサイズ感と異なる場合があります。
  3. 3 モデルにより使用レンズは異なります。
  4. 4 α900比。
  5. 5 モデル名とカラーは国により異なる場合があります。
  6. 6 HT-MT300比。
  7. 7 製品の機能および仕様は予告なく変更される場合があります。