CSR・環境・社会貢献

コンテンツメニュー

わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクトとは?

生物多様性を守るには、多くの人が自然を好きになることが大切。その思いから、ソニーと環境NGOである日本自然保護協会(NACS-J)が協働で立ち上げたのが、この「わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト」です。
「わぉ!」という言葉は、自然のおもしろさや不思議に触れたときの感動を表したものです。この「わぉ!」な感動を多くの人に伝え、みんなで共有することで「わぉ!わぉ!」という大きなムーブメントに育て、生物多様性の保全につなげていきます。

生物多様性とは...

地球上には多様な生きものが暮らしています。そのすべての生きものたちには個性があり、互いに支えあい、つながりを持つことで全体として調和しています。生物多様性とは、生きものたちの豊かな個性とつながりのことをいいます。

どんな活動をしているの?

自然観察会や保全活動などの自然に触れる「体験」と、フォトコンテストやFacebookによる発見や感動の「共有」。この2つの側面から、多くの方に自然のおもしろさや大切さを伝えています。

体験 保全活動のイメージ写真 自然観察会を実施、一般参加OK、全国各地で開催
ピックアップ
自然観察会は
3つのユニークな
テーマで開催
「センス」をフル活用! 植物の匂いをかいだり(嗅覚)、手で触ったり(触覚)、五感をフルに活用します。
「くらし」再発見! 落ち葉焚き体験やご当地野菜の収穫体験など、自然と人がともにあるくらしを体験します。
「いとなみ」に注目! セミの羽化や、カエルの産卵など、自然の生きものが織りなすいとなみを観察します。

だれでも参加できるの?

はい、どなたでも参加できます。

自然観察会や保全活動などの自然に触れる「体験」イベントや、フォトコンテストなどの案内はFacebookで随時しています。ぜひ、「わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト」Facebookページを「いいね」して、フォローしてください。

日本自然保護協会は、暮らしを支える自然の豊かさ=生物多様性を守る活動を行うNGOです。この豊かさを守るために、日本自然保護協会では、日本の自然のしくみを調べ、守り、その意味と価値を社会に広める活動を半世紀以上前から行っています。