SORPLAS™は、再生材利用率最大99%を実現

一般的に、30%程度といわれる電気製品における再生プラスチックなどの再生材使用率(*1)。ソニーは、難燃プラスチック製造に不可欠な難燃剤に独自の技術を採用することで、再生材使用率を最大99%まで高めることに成功しました。

硫黄系難燃剤とSORPLAS™のペレット

  • SORPLAS™ [1]再生ポリカーボネイト樹脂99%(*2) [2]難燃剤など1%
  • 一般的な難燃性再生ポリカーボネイト樹脂(*3) [1]新しいポリカーボネイト樹脂(*4) 55% [2]再生ポリカーボネイト樹脂30% [3]難燃剤など15%

製造工程でのCO2排出量を最大約80%削減

液晶テレビ ブラビア™『EX52H 』40V型に採用したSORPLAS™では、一般的な難燃性ポリカーボネイト樹脂を使う場合に比べて最大約80%(*5) CO2の排出量を抑えることができました。

[1]一般的な難燃性ポリカーボネイト樹脂 [2]SORPLAS™

廃プラスチックに新たな生命を

SORPLAS™は、使用済み水ボトルなどのリサイクル材と同様、自社工場に加えて、他社工場で廃棄される光ディスクやシートフィルムなどをリサイクル素材として活用。循環型社会の実現に貢献していきます。

環境負荷の最小化と、素材性能の最大化を両立

難燃剤の添加が微量で済むことの利点は、再生材使用率の向上だけではありません。SORPLAS™は、複数回のリサイクルを行った場合でも、添加物に起因する劣化がほとんどみられないことも技術的に確認できており、また、難燃性ポリカーボネイト樹脂(*3)では最高レベルの耐久性を実現。色のくすみが少なく、塗装処理なしでも鮮やかな色とツヤが表現可能な、高品質のプラスチックといえます。

[1]粉砕・洗浄・ブレンド [2]粉砕してペレット化 [3]製品に導入 [4]製品からSORPLAS™ 製部品を回収 [5]市場から回収

優れたリサイクル性を提供

製造工場や市場から回収された光ディスクや使用済みの水ボトルなどの廃プラスチックを原料に、独自開発の難燃剤を添加してつくられるSORPLAS™は、耐久性、耐油性、品質の高さなどから、様々なソニー製品に利用可能です。
また、SORPLAS™は再生プラスチックからつくられているにも関わらず、優れたリサイクル性を持っています。ソニーやその他の工場で適切に回収されたものは、一般的なリサイクル素材と同様に粉砕してペレットに加工され、(*6)再度、新しい製品づくりの原料として使用することが期待できます。

軽量性と高い強度、十分な難燃性を実現

優れた強度と難燃性というSORPLAS™の特長は、液晶テレビ ブラビア™『X8000E』49V型の薄肉高難燃性のフレームの開発にも生かされています(地域によってモデル名が変わることがあります)。

多用途に活用可能な強度、耐油性を確保

ハンディカムなどのビデオカメラには、高い衝撃性だけでなく、ハンドクリームなどに対する耐油性も求められます。SORPLAS™は、こうした条件を満たすことに成功した2012年以降、現行モデルのα99やHX400Vなどビデオカメラやデジタルカメラに使われています。

耐久性と高い質感で、暮らしの多様なシーンで活躍

暮らしを彩る様々な機器では、耐久性や外観の美しさも重要な要素になります。SORPLAS™は十分な耐久性を持つとともに、塗装密着性も高いため、長期使用でも機能性と美しい質感を維持することができます。

廃プラスチックを、価値ある資源に

SORPLAS™事業室 シニアケミカルエンジニア 稲垣靖史

長期的な研究開発から生まれた、新しい再生プラスチック

SORPLAS™の開発が始まったのは、今から10年以上前のこと。当時、ソニーでは工場で排出される廃プラスチックに注目し、その有効利用について研究を進めていました。具体的には、廃プラスチックを、付加価値の高い機能材料(工場排水処理用の浄化剤や紙おむつ用の吸水性材料等)に転換する技術です。私たちは、その研究の中で、ポリカーボネイト樹脂に対して高い難燃性を発揮する、硫黄系難燃剤を見出しました。ソニーグループ内にはポリカーボネイト樹脂を使用した光ディスクや光学シートの廃材を排出している工場もあります。SORPLAS™開発のカギは、そうした廃材を原料に、この難燃剤をブレンドすることでした。SORPLAS™は「廃棄物に新しい価値を付与したい」という、ソニーの強い想いから誕生した再生プラスチックなのです。

この再生プラスチックを採用した製品

SORPLAS™搭載モデル:液晶テレビ ブラビア™ X9000Eシリーズの 49/55/65インチおよびX8000Eシリーズの49インチ。

SORPLASご購入・ご採用に関するお問い合わせは、以下の送信フォームよりお送りください。

  1. *12014年6月ソニー調べ。一般的な難燃性再生ポリカーボネイト(熱可塑性プラスチックの一種)樹脂の場合。
  2. *2再生材使用率は用途により異なる。
  3. *3プラスチックの種類の一種。
  4. *4再生ポリカーボネイト樹脂では無い新しい樹脂材料。
  5. *5ソニーが試算した結果。
  6. *6使用済みのSORPLAS™を原料として再資源化する場合は、国や地域のリサイクルインフラに依存します。