CSR・環境・社会貢献

コンテンツメニュー
  • 求む!やる気ある人! パブリックビューイング in Tanzania 学生ボランティア(インターン)募集
 ソニー株式会社は、2010年春、自社のもつ製品やリソース、また様々な国際機関やNGOとのパートナーシップを活用して、ユニークな社会貢献プログラム“Dream Goal 2010「パブリックビューイング in Africa」”をカメルーン共和国とガーナ共和国で実施しました。これは、ワールドカップ期間中、テレビで試合を見ることができない人たちに向けて、大型映像装置でサッカーの試合を生中継し、会場でHIV/エイズの予防啓発活動などを行ったものです。
 2011年は、これらの活動で得られた経験を生かし、新たに「パブリックビューイングin Tanzania」プログラムを行います。今回初めて、運営サポートを担う学生ボランティア(インターン)を一般募集することに致しました。ソニーの持つ「映像機器の力」や「エンターテインメントの力」を駆使して、タンザニアの地で行われる今回の新プログラムに共感し、若い力でともに活動してくれる学生ボランティア(インターン)を募集します。

 ※昨年の様子はこちら「パブリックビューイング in Africa」
     (昨年のバプリックビューイングに学生ボランティアは参加していません。)


パブリックビューイング パブリックビューイング パブリックビューイング



【パブリックビューイング in Tanzania 学生ボランティア(インターン) 実施概要】
  • 「パブリックビューイング in Tanzania」とは
    — 現地で活動する医療系国際NGO AMREFがタンザニア各地で実施するHIV/AIDS予防啓発活動に合わせて、
    ソニーが屋内外に150インチスクリーンを設置、パブリックビューイングを実施する活動です。
    African Medical and Research Foundation(AMREF)
  • 実施期間(予定)※タンザニア現地活動期間として
    — 2011年11月1日(火)~14日(月) (2週間)
    ◆現地の状況によって、期間が直前に変更される可能性があります。
  • 訪問国
    — タンザニア連合共和国 4地域でパブリックビューイングを実施
  • インターン内容
    — パブリックビューイング機材の設置・撤収などの現場作業
        ・機材設置の際に、重量感のある荷物を運搬します。
        ・環境の整っていない場所での作業が多くなります。
        ・現地では車両による長時間の移動を伴います。
     — パートナー(AMREF・Global Fund(世界基金)スタッフ)との交流
    — 現地での活動記録収集や、現地の参加者インタビューへの対応、関係機関の訪問、記者発表会等への陪席、等
    ◆現地の状況によって、内容が変更となる可能性があります。
  • 参加費用
    — 以下の費用はソニー株式会社が負担します。
    パブリックビューイング     ・日本(東京)からタンザニアまでの往復交通費
        ・朝食・昼食・夕食(滞在中)
        ・宿泊費(滞在中)
        ・予防接種の費用
        ・ビザ取得費用
        ・海外旅行者傷害保険費

パブリックビューイング in Tanzania 学生ボランティア(インターン)募集要項

  • 募集人員
    3名程度
  • 応募資格
     — 1991年10月31日以前に生まれた方
     — 2011年11月現在、大学・大学院に在籍の方
     (参加確定後)
     — 2011年10月に数回予定している、東京での事前準備会に参加できる方
     — パスポートをご自身で準備できる方。既にパスポートをお持ちの方は、パスポートの残存期間が2011年10月31日時点で
       6か月以上ある方
     — 渡航前に、医師による健康診断書を提出できる方
     — タンザニアへ入国する際に必要とされる、各種予防接種を受けられる方
     — 終了後の活動レポートのための原稿や写真を提出し、弊社Webサイトでのレポート掲載を了承できる方
  • 応募期間
     — 2011年9月9日(金)~20日(火)
     — 9月20日(火)当日必着(応募用紙を郵送していただきます)
  • 応募方法
    応募用紙に必要事項を記入、写真貼付のうえ、ソニー株式会社まで郵送してください。
     ※ 来社による直接持参はお受けできませんのでご注意ください。
     ※ 応募用紙、ならびに添付した写真は返却いたしません。あらかじめご了承ください。
     — 応募用紙郵送先
         ・〒108-0075 東京都港区港南1−7−1
          ソニー株式会社 タンザニア・インターン担当 宛
  • 選考プロセス
        エントリーから最終結果の連絡までのプロセスは、下記のステップとなります。
           エントリー > 書類選考 > 面接 > 最終結果連絡
     — 学生ボランティア(インターン)の対象に決まった3名には、9月末までにメールまたはお電話にてご連絡いたします。
     — 結果等に関しましてのお問い合わせにはお答えしかねます。予めご了承下さい。
  • 募集に関する問合せ先
     — 応募用紙の最下段に記載の連絡先へお問い合わせください。
 募集受付は終了いたしました。
 多数のご応募、ありがとうございました。

よくあるご質問

Q)面接はどこで行われますか?
A)面接は東京で行います。

Q)面接は東京会場以外の会場で開催されますか?
A)面接は、東京会場での実施とさせていただきます。他の都市での面接は実施いたしませんので、ご了承ください。

Q)面接に際する交通費はどうなりますか?
A)自己負担となりますのでご了承ください。

Q)面接を受けるためにかかる宿泊費は自己負担になるのですか?
A)面接は東京会場で実施します。面接会場に来ていただくためにかかる宿泊費については、自己負担をお願いしております。

Q)現地での活動内容について、もう少し詳しく情報を知ることはできますか?
A)面接にお越しいただく方については、面接会場にて、現地での作業内容をご説明する説明会を用意いたします。プロジェクトメンバーが現地の様子をお話し、ご質問もお受けしますので、この説明会の場をご活用ください。説明会のスケジュールは面接にお越しいただく方にご案内いたします。

Q)募集人数は?
A)3名を予定しています。

Q)面接の日程に都合が合わず、参加できません。その他の日程で面接していただけますか?
A)面接は原則として9月26日以降で実施いたしますので、スケジュールの調整をお願いいたします。場合によって、9月26日以前の日程で、別途面接の日程を調整させていただける可能性もありますが、現時点ではお約束はできませんことをご了承ください。

Q)タンザニアへの渡航にあたって、必要な条件はありますか?
A)タンザニアに渡航するには、パスポートの残存期間が入国時6ヶ月以上残っていること、ビザのスタンプを押す余白のページが見開き2ページ以上あること、入国に必要とされる予防注射の証明書の提示が条件になります。これらの条件を満たすパスポートをお持ちでない方は、応募用紙にその旨ご記入ください。
日本国以外のパスポートを所持されている方は、タンザニアの渡航にあたっての条件やビザのルールについて、各自でご確認をお願いします。

Q)インターン実施の証明書を発行いただくことはできますか?
A)発行いたしますので、参加が確定したのちに担当者までご相談ください。

Q)学業を休むための証明書を発行いただくことはできますか?
A)発行いたしますので、参加が確定したのちに担当者までご相談ください。


※当社のイベントは、学生の皆さまにソニーをご理解いただくための広報活動の一環として開催するものです。
 イベントへの参加の有無は、採用選考のプロセスに影響いたしません。
※Global Fund・・・三大感染症といわれるエイズ、結核、マラリアは、世界で年間約500万人の命を奪い、途上国の開発にとって重大な阻害要因となっています。世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)は、途上国のこれら三疾病対策を支える資金を提供する機関として、2002年1月にスイスに設立されました。各国の政府や民間財団、企業など国際社会から大規模な資金を調達し、開発途上国が自ら行う三疾患の予防、治療、感染者支援のための事業に資金を提供しています。
(参考) Global Fund
     http://www.theglobalfund.org/
     http://www.jcie.or.jp/fgfj/03.html

このページの先頭へ