創業者理念とCSRに対する考え方

創業者の理念

ソニー株式会社(創業当時:東京通信工業)の創業者である井深大は、会社の設立目的の第一に「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由豁達にして愉快なる理想工場の建設」を掲げた設立趣意書を起草しました。この終戦直後(1946年)に書かれた設立趣意書には、「日本再建、文化向上に対する技術面、生産面よりの活発なる活動」、「国民生活に応用価値を有する優秀なるものの迅速なる製品、商品化」、さらに「国民科学知識の実際的啓発」も会社設立の目的として言及され、社会や社員に対して価値ある存在の会社となることを、井深は目指していました。この理念は、ソニーのDNAとして引き継がれ、CSR活動の原点をなすものと考えています。

創業者

ソニーのCSRに対する考え方

現在、ソニーのCSR(企業の社会的責任)に対する考え方は、ソニーグループ行動規範の中に、下記のように明文化されています。

「イノベーションと健全な事業活動を通じて、企業価値の向上を追求し、持続可能な社会の発展に貢献することが、ソニーの企業としての社会的責任の基本をなすものです。私たちソニー社員は、ソニーの事業活動が株主、顧客、社員、調達先、ビジネスパートナー、地域社会、その他機関などのソニーのステークホルダーに与える影響に十分配慮して行動します。」

これは、ソニーのCSR活動が、「健全な事業活動」を通して、ステークホルダーの信頼を勝ち得て、事業活動をより持続可能なものとすること、また、ステークホルダーの皆様からの期待の高い、ソニーの「イノベーション」の力により、持続可能なより良い社会の建設に貢献してゆくという決意を表したものです。そして、社員一人一人が意識して実践するCSRの活動が、社会の持続可能な発展のみならず、ソニーの企業価値の向上に同時に結びつくものと考えています。

このページの先頭へ