マネジメントメッセージ

ソニーのCSR (企業の社会的責任) 活動は、イノベーションと健全な事業活動により、世界中のお客様に感動をもたらす製品、サービス、コンテンツの創出を実現するものです。> 続きを読む

サステナビリティの考え方

ソニーのサステナビリティの考え方、CSRマテリアリティ項目、SDGs (持続可能な開発目標) への貢献について。> 続きを読む

テクノロジーは、私たちの生活にどのような影響を与えるのだろうか。ソニーコンピュータサイエンス研究所の北野宏明とカーネギーメロン大学のアンドリュー・ムーア教授がテクノロジーが社会にもたらす価値について語ります。
> 続きを読む

ハイライト

PDFダウンロード

サステナビリティレポートについて

ソニーは、1994年に初めて環境報告書を発行し、2003年からは企業の社会的責任にかかわる情報を充実させ「CSRレポート」として発行しました。また、2012年から2013年には、CSR情報と財務情報を一冊にまとめた「アニュアルレポート」を発行しました。
2014年より、事業活動の変化や、目まぐるしく変化する環境や社会情勢に対して、開示内容の更新を迅速に対応するため、ウェブサイトを中心に情報開示を行っています。CSR活動の詳細については、この「サステナビリティレポート」ウェブサイトにてご覧いただけます。

報告の対象範囲と構成について

  • 本ウェブサイトは、原則的に全世界で事業を行うソニーグループ (連結ベース) を対象として、2017年度 (2017年4月1日から2018年3月31日) を中心にCSR活動を報告するものです。ただし、組織体制などに関する重要な報告については、2018年7月末日までの情報を含んでいます。
    文中では、「ソニー」はソニーグループを指し、ソニー株式会社と区別しています。ソニーグループとは、ソニー株式会社および、ソニー株式会社の出資比率が50%を超える連結対象会社を指します。連結子会社については、以下をご参照ください。
  • 事業・財務の概況については「投資家情報」のサイトで、CSR活動については本ウェブサイトで情報を開示しています。
  • 本報告書には、「GRIスタンダード」を参考に情報が記載されています。また、環境省発行の「環境報告ガイドライン (2012年度版)」を参照しています。「GRIスタンダード」との対照表については、以下をご参照ください。
  • 報告原則として重要性に対する考え方:
    社会、ビジネス環境の変化に対応し、今後の重点事業、新しい事業領域を含むソニーのCSR重点領域を検証するため、ステークホルダーの視点を取り入れた、「CSRマテリアリティ分析」を実施しています。詳しくは「CSRマテリアリティ項目の特定」をご覧ください。
  • 環境データについては、第三者検証を受けています。詳しくは以下をご参照ください。
このページの先頭へ