CSRレポート

コンテンツメニュー
2017年8月23日更新

推進体制

CSR推進体制

CSRを推進する社内体制としては、ソニー株式会社Headquarters直轄組織として、CSR担当部署を設置し、CSR担当の執行役が管轄します。担当部署は、CSRに関わる活動方針の立案や、ソニーグループ全体への浸透、情報発信などの対外的なコミュニケーションを行います。
CSR担当部署は、情報開示、ステークホルダー対話を実施し、外部より受けたさまざまな意見を担当執行役に報告し、また、経営層と本社関連部署(法務・コンプライアンス、環境、品質、調達、IR、人事、マーケティングなど)にフィードバックし、マネジメントに反映します。
CSR担当部署と本社関連部署は、反映された方針や活動を国内外のグループ会社等に展開していくことによって、活動を推進していきます。

CSR啓発活動

ソニーでは、CSRを推進していく上で社員一人ひとりの意識向上が重要と考え、(1)知ること、(2)参加すること、(3)業務に生かすことの三段階アプローチで、さまざまな啓発活動を行っています。

e-ラーニング研修

ソニー株式会社と一部のグループ会社では、一般的なCSRの知識とソニーのCSR活動全般を紹介し、CSR全般への基礎的な理解を促すため、全社員向けにe-ラーニング研修を実施しています。

CSRニュースレター

ソニーの主なCSR活動や、外部評価、外部動向などを中心にグループ社員向けに月次のニュースレターを配信。社員の意識向上に努めています。

CSRフォーラム

国内グループ会社社員を対象とし、業務時間外に自発的に参加できるCSR啓発の場として、外部講師による講演会や映画上映、社員が積極的にアイデアを創出するワークショップなどを行っています。テーマは、災害支援、環境、人権、貧困、国際理解、障がい者雇用、ワーク・ライフ・バランス、ダイバーシティ、BOPビジネス、ソーシャルイノベーションなど多岐にわたっています。国内グループ会社へもストリーミング配信などで視聴できる環境を整備し、より多くの社員に機会を提供しています。

社員の参画

ソニーがより有意義な社会貢献活動を行う上で、社員の参画は大きな力となっています。そのためには、さまざまな社会課題を知り、理解を深めるための機会を提供し、その上で、募金や活動への参加を呼び掛けています。また子どもや学生向けワークショップの講師などの専門知識を生かした活動など、さまざまなレベルで参画を促進しています。

ボランティア促進制度の整備
  • ボランティア休職・休暇制度
  • 「SOMEONE NEEDS YOU」プログラム - ボランティア推進プログラム

ボランティア機会の提供

募金・物品寄付の促進制度の整備、機会の提供

関連項目へのリンク

このページの先頭へ