CSRレポート

コンテンツメニュー

企業倫理と
コンプライアンス

マネジメントアプローチ

基本的な考え方

ソニーは、法令を遵守し、倫理的に事業活動を行うことに確固として取り組んでいます。
ソニーのマネジメントは、自ら範を示し、この取り組みを実行しています。

「ソニーグループ行動規範」は、ソニーのコンプライアンス・プログラムの根幹をなすものであり、法令遵守に加え、公正競争、贈賄防止、機密情報や知的財産の保護、人権尊重、製品・サービスの安全、環境保全、企業情報開示などの重要なテーマやリスク領域に関する核となる価値観や基本方針を定めています。ソニーは、グループ全体での倫理およびコンプライアンスに関する内部通報窓口である、ソニー・エシックス&コンプライアンス・ホットラインをはじめとし、社員が、企業倫理やコンプライアンスに関する疑問や問題を、報復を心配することなく随時報告・相談できる、多くの窓口を設置しています。内部通報制度は、通常の社内の指揮命令系統から独立して運営されています。また、内部通報の受付窓口は専門の第三者機関が運営しています。

グローバル・コンプライアンス・ネットワーク

ソニーでは、グループ全体をカバーするグローバルなコンプライアンス・ネットワークを構築し、啓発メッセージや社内規則、教育研修、監査を組み合わせて、倫理的な事業活動と法令遵守への取り組みを推進しています。このグローバルなコンプライアンス・ネットワークは、全世界のグループ会社の担当者から構成され、グループ共通の取り組みを推進するとともに、それぞれのオペレーションに特有のリスクに対応する取り組みを行っています。この企業倫理とコンプライアンスに関する機能は、他の機能とも密接に協働し、主要なリスク領域への対応を行っています。

今後に向けて

今後も、社員一人ひとりが高い倫理観とコンプライアンスの意識を持って事業活動に取り組む企業風土をグローバルに醸成していきます。そのために、引き続き、活動推進のための仕組みを整備していくとともに、トップマネジメントからの企業倫理とコンプライアンスの重要性についてのメッセージ発信を継続的に行っていきます。また、引き続き、マネジメント層に対する企業倫理とコンプライアンスの重要性や不適切な行為についての報告があった場合の対応に関する教育研修の実施や、ソニー・エシックス&コンプライアンス・ホットラインの周知や報復禁止の方針の周知と徹底の実施など、グループ全体でのコンプライアンス活動を確実に推進していきます。
このページの先頭へ