SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

企業倫理と
コンプライアンス

マネジメントアプローチ

重要と考える理由

高潔さと誠実さはソニーのPurposeを実現するための鍵となるValuesのひとつです。ソニーの企業倫理・コンプライアンスプログラムは、ソニーがお客様に感動をお届けしていくために、多種多様な事業に従事するソニーグループ社員一人ひとりが倫理的で責任ある行動を通じてソニーブランドへの信頼に応えていくための基盤として、ソニーの価値創造を支えています。

基本的な考え方

ソニーの企業倫理・コンプライアンスプログラムは、ソニーが倫理的で責任ある事業活動を遂行できるよう、ソニーグループ全体に関わる重要なリスクへの対応と、誠実さを大切にする企業文化の醸成を目的として設計されています。日々進化するベストプラクティスやグローバルな法規制の要請を踏まえて継続的にプログラムの見直しを行っています。
「ソニーグループ行動規範」は、ソニーの企業倫理・コンプライアンスプログラムの基礎をなすものであり、ソニーの多様性と社会価値創出への取り組みを支えています。「ソニーグループ行動規範」では、ソニーの倫理的行動の指針に沿って、倫理的で責任ある事業活動に関する基本的な規範を定めています。加えて、ソニーでは、独占禁止法、腐敗防止、プライバシー・個人情報の保護などの重要なリスク領域について、より詳細なソニーグループポリシーをそれぞれ策定しています。ソニーのトップマネジメントは、率先垂範して倫理的で責任ある行動を実践し、ソニーグループ社員に対して行動規範に忠実であることの大切さを継続的かつ繰り返し伝えています。

体制

ソニーは、企業倫理・コンプライアンスプログラムの効果的な実践および監督のため、ソニーグループ全体をカバーするグローバルおよび地域のネットワークと体制を構築しています。

継続的に行ってきた取り組み

  • 2001年
    ソニー株式会社にコンプライアンス統括部門を設置 (現在のコンプライアンス・プライバシー部)
  • 2003年
    ソニーグループ行動規範を採択
    コンプライアンス・ホットライン (現在のソニー・エシックス&コンプライアンス・ホットライン) を設置
    米州、欧州、日本、東アジアおよびパンアジアの各地域オフィスから成るグローバル・コンプライアンス・ネットワークを構築
  • 2008年
    コンプライアンス・モニタリング・チームを設置
  • 2009年
    コンプライアンス・リーダーシップ・チームを設置
  • 2018年
    ソニーグループ行動規範を改訂
  • 2020年
    「World's Most Ethical Companies (世界で最も倫理的な企業) 」に2年連続で選定
  • 「World's Most Ethical Companies」、「Ethisphere」の名称およびロゴは、Ethisphere LLC.の商標です。

今後に向けて

ソニーは、誠実さを大切にする企業文化の醸成と社員一人ひとりによる倫理的で責任ある行動を確保していくために、今後も継続してソニーの事業活動にかかわるリスクとプログラムの評価を行い、その結果に基づきプログラムを見直していきます。ソニーのトップマネジメントは、適用される各種法令・規則を遵守し、倫理的で責任ある事業活動を遂行していくために、引き続き必要な経営資源をプログラムに割り当てていきます。

活動報告

このページの先頭へ