2019年8月29日更新

プライバシー・個人情報保護

新しいデジタルの時代を迎え、かつてないほど急速な勢いでプライバシーを巡る環境の変化や情報通信技術の発展が起こりつつあります。EU一般データ保護規則 (GDPR) を受け、世界中で新たなプライバシー法が制定され、プライバシーに関するコンプライアンスの基準が引き上げられ続けています。また、クラウドベースのサービスおよびソーシャルメディアサービス、スマートフォンやその他のデバイス、ビッグデータ、AIのような革新的な技術が急速に進展していくと同時に、ソニーも日々新たなプライバシーの課題とリスクに直面しています。
こうした変化に対応し、お客様の信頼に応え続けるため、ソニーはグローバルでのプライバシープログラムの継続的な強化に取り組んでいます。ソニーはまた、お客様や社員、その他ステークホルダーの個人情報を保護するために、効果的に潜在リスクを管理し、プライバシー上の対応策をシステムや製品に組み入れることができるよう、グループ全体のガバナンス体制のもとで継続的な活動を行っています。

プライバシーガバナンス

ソニーでは、プライバシー担当執行役員の責任のもと、ソニーグループ全体をカバーするプライバシー・個人情報保護体制を敷いています。ソニーのプライバシー対応は、関連する法令、原則およびベストプラクティスに基づくグローバルな規定や基準に則って実施されています。これらの規定は、プライバシーに対するソニーグループ全体での取り組み姿勢を明示し、ソニーが取得、保有、処理している個人情報を適切に取り扱い、保護していくことを確保するために、役員および社員が遵守すべき行動および手順を定義するものとなっています。さらにソニーは、リスク環境、脅威および規制環境の変化に対応できるよう、定期的にこれらの規定および基準の見直しと改訂を行っています。
ソニーのプライバシー担当執行役員は、規定がグループ全体で適切に実施、遵守されているかをモニタリングしています。ソニーのプライバシー担当執行役員の監督のもと、プライバシー・個人情報保護に責任を負うグループ各社のプライバシーオフィサーと法務部門は連携し、それぞれの組織内でこうした規定および基準が効果的に実施されるよう努めています。
プライバシー・個人情報保護を推進していくためには、役員レベルでの強力なサポートとガバナンスが欠かせません。ソニーグループ本社および各社の役員は、組織内のプライバシーリスク管理に積極的に取り組み、プライバシーを尊重する企業文化を確立し、信頼を獲得することに努めています。

個人情報保護

ソニーでは、プライバシー管理フレームワークを活用し、プライバシーに関する原則および要件をデータ処理に組み込ませ、プライバシーリスクの評価、対処を行うことで個人情報保護を継続的に強化しています。
また、ソニーは、お客様、社員、ビジネスパートナーからの信頼を維持していくため、個人情報を含めたソニーに託される情報を保護すべく、活動の改善、管理およびセキュリティの強化に継続的に取り組んでいます。

従業員研修

ソニーでは、一人一人の社員がプライバシーを守っていく役割を担っていると考え、すべての社員に情報セキュリティ・プライバシー研修を受講することを義務づけています。

このページの先頭へ