2019年8月29日更新

コミュニティ活動方針・重点分野・体制

創業者の理念

ソニーの創業者である井深大は、設立趣意書で「国民科学知識の実際的啓発」をソニー創業の目的の一つに位置づけ、社会に対して価値ある存在の会社になることを目指しました。また、設立から13年後の1959年に、理科教育において優れた教育を目指している小学校を支援する「ソニー小学校理科教育振興資金」を設立しました。戦後間もない日本において、科学技術の振興こそが社会を立て直す、そのためには次世代を担う子どもたちの理科教育に注力することが重要と考えたのです。

井深 大
ソニー小学校理科教育
振興資金の受賞校連盟
による研究会

コミュニティ活動の方針

創業者の志を受け継ぎ、「For the Next Generation」をスローガンに掲げ、事業活動を行う世界の各地域において、ソニーグループの製品、コンテンツ、技術、ソニーグループ社員の力、さらにはステークホルダーとのパートナーシップを活用して、コミュニティ活動を展開しています。
各国・地域でのSTEAM※1を中心とした教育支援活動、大規模災害における緊急支援活動、社会課題解決のための技術の応用、エンタテインメントの力を生かした啓発活動などを通じて、SDGs※2を含めさまざまなグローバル課題の解決に貢献することを目指します。

  • ※1STEAM:Science (科学)、Technology (技術)、Engineering (工学)、Art (芸術)、Mathematics (数学) の頭文字をとったもの
  • ※2SDGs:Sustainable Development Goals (持続可能な開発目標)

コミュニティ活動・体制

ソニー株式会社主導のグローバルプロジェクトのほか、コミュニティ活動方針にもとづき、世界各国のソニーグループ会社と財団法人、科学ミュージアムにおいて、国際機関やNGOなどとの連携のもと、地域ニーズに応じた活動を各地で行っています。また、社員によるボランティア活動や募金活動を積極的に推進し、活動の効果向上と社員意識の向上を図っています。

ミュージアムや財団など関連情報

ソニー・エクスプローラサイエンス (東京、北京)

科学の原理・原則、デジタル技術の進化や面白さを実際に見て、触れて、楽しみながら体験できる科学ミュージアムです。

  • ※12019年10月末に閉館予定

財団

このページの先頭へ