人材

マネジメントアプローチ

重要と考える理由

創立以来、常に最先端の技術開発に取り組み、世の中に新しい価値を提供し続けきたソニーにとって、「人」は最も重要な経営資源です。多様なビジネスをグローバルに展開し、持続的な社会価値と高収益を創出する企業となるためにも、社員は重要なステークホルダーの一つです。多様な社員の違い、意欲、能力を最大限に生かし、一人ひとりのエンゲージメントを高めることが、人材・組織力を持続的に高め、経営全体のパフォーマンスを上げるものと考えます。

基本的な考え方

ソニーは、創業者の理念がつづられた設立趣意書にうたわれている「自由闊達、実力本位、個人の能力を最大限に発揮、創造と挑戦」などを、人材における基本的な考えとして受け継いでいます。ソニーがユニークな存在であるために、創業時の理念を踏まえ、現在の社員にとってソニーで働く価値を定義したものが「Employer Value Proposition/エンプロイヤー・バリュー・プロポジション(EVP)」です。EVPでは、グローバル共通のメッセージとして「TOGETHER, LET'S MAKE THE WORLD SAY WOW」を設定しています。ソニーは社員に何を価値として提供し、社員に何を求めているのか、ソニーグループ共通要素のみならず各事業や地域特有の要素を加えて「WOWファクター」と定義しています。

EVP共通メッセージ
ソニーグループ共通WOWファクター
ソニーが社員に提供する価値 ソニーが社員に求めること
  • 人々の生活に影響力をおよぼす
  • 世界的なブランド、グローバルなキャリアの可能性
  • 時代の新しいカルチャーを創るイノベーション主体の会社
  • エレクトロニクス、エンタテインメント、サービスなど多岐にわたる機会
  • 人、視点、カルチャーの多様性
  • 専門性を追求して自ら独自の考えを持つ
  • 限りない好奇心と遊び心を持つ
  • オープンマインドで誰とでも協力する
  • 変化をいとわずに大胆にリスクをとって挑戦する
  • 異なる意見や見解を受け入れ尊重する

またソニーは、人種、国籍、宗教、信条、障がい、性別、年齢、出身地、性的指向および価値観、働き方などの多様性を尊重し、お互いを受容することで、社員一人ひとりの能力が最大限に発揮され、イノベーションにつながると考えます。多様性を尊重した組織風土づくりを進めることで、お客様への価値創造に貢献することが、ソニーが目指すダイバーシティ&インクルージョンです。
取り組みについては安全で健康に働ける労働環境の整備を基本としながら、「ダイバーシティ」「社員の成長と活躍」「エンゲージメント」に注力し、さまざまな活動を展開しています。

体制

ソニーでは、ソニーグループの人材に関わる重要な事項について、トップマネジメントで構成される人事検討会で議論・審議し、グループ各社の人事施策へ展開しています。
ダイバーシティ&インクルージョンを重要な経営課題の一つとして捉え、CEO直轄のダイバーシティ委員会を設置し、各種施策を推進しています。また、人権課題や人権リスク、両立支援、育児や介護、LGBT社員の働きかたなど幅広く相談できる体制や仕組みを構築しています。
また、安全衛生活動の推進体制は、全世界で事業所ごとに、OHSAS18001に基づくマネジメントシステムを構築するとともに、2018年3月にISO45001※1が発行されたことを受け、ISO45001に基づく「ソニー安全衛生マネジメントシステム」の構築・運用へ切り替えを予定しています。

  • ※1ISO45001:労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格

2017年度の主な実績

2017年度の取り組みについて主な実績を抜粋し、ご紹介します。

  • ●ダイバーシティ
    • - ダイバーシティの意義について「社員の認知・理解を高め、意識・行動変革へつなげる」ことを目的にダイバーシティウィークを国内外で開催
    • - タイ、マレーシアのエレクトロクス事業で、障がいのある社員の雇用を促進
    • - 欧州エレクトロニクス事業で、LGBTプライドパレードに参加
    • - ソニー銀行において、住宅ローンにおけるLGBTへの新たな取り組みを開始
  • ●社員の成長と活躍
    • - グローバルリーダー育成プログラム「Sony University」を国内外で実施
    • - ソニーグループにおける優れたエンジニア個人を称する「Sony Outstanding Engineer Award」や、全社レベルで個人を認定する「Distinguished Engineer制度」を継続実施
    • - 国内ソニーグループでは 社員の社内兼業/副業を推進する「キャリアプラス制度」の導入
    • - ソニー・ミュージックエンタテインメントで、社員の能力開発とビジネス・イノベーションを融合させた「Amplify」プログラムを実施
    • - ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントで、優秀な基幹人材の育成を支援する「Take The Lead」「Business of Entertainment 101」プログラムを開始
  • ●エンゲージメント(働きやすさと働きがい)
    • - CEOをはじめとするトップマネジメントと社員のコミュニケーションを国内外で実施
    • - 社員意識調査を国内外で継続実施
    • - ソニー株式会社でフレキシブルワーク制度を導入し、在宅勤務を全社員に拡大
    • - ソニーエレクトロニクスグループ(北米、欧州、アジアパシフィック)で、優れた活動を行った社員を社員同士が相互に認知・褒賞する仕組みを導入
    • - 国内エレクトロニクスグループ各社で、働き方改革推進プロジェクトを実行
    • - 魅力的なワークプレイスの創造を国内外で継続実施
  • ●安全衛生
    • - 労働安全衛生に関する監査やリスクアセスメントの継続実施
    • - ISO45001に基づく安全衛生マネジメントシステムへの切り替え

今後に向けて

今後も持続的な社会価値と高収益の創出のため、「ダイバーシティ」「社員の成長と活躍」「エンゲージメント」に注力し、安全で健康に働ける環境の整備を進めていきます。社員一人ひとりが働きやすく、新しいチャレンジを創発し、個性やスキル・能力を最大限発揮できる環境を提供していきます。

活動報告

このページの先頭へ