CSRレポート

コンテンツメニュー

コミュニケーションに対する考え方

ソニーでは、社員コミュニケーションを大切にしています。コミュニケーションが良好な企業文化のもとでは、お互いの信頼関係が構築され、創発的な価値創造や気づきによる相互成長など、関係する人々にとって多くの恵みをもたらす風土が醸成されます。ソニーでは、上司を職位ではなく"さん"づけで呼ぶなど職場内でのオープンなコミュニケーションに加え、職場を超えて自主的に社員が集う場も多く、創業期から受け継ぐ自由闊達な風土構築、進化を目指す精神の下、一層のコミュニケーションの活性化を図っています。

このページの先頭へ