CSRレポート

コンテンツメニュー
2016年9月7日更新

社員意識調査(グローバル・エンプロイー・サーベイ)

2010年度より「グローバル・エンプロイー・サーベイ」として社員意識調査をグローバルに共通化し、「イノベーション」、「顧客志向」、「組織風土」、「人材育成」などの各項目について、グループ共通で横断的に社員の声を直接収集・分析しています。回答率は毎回約9割と社員の高い参画意識が表れています。また回答の中でも「会社の価値観や目標」に対する項目は約8割の社員が理解・共感を示す回答をしており、ソニーの強みと言えます。調査結果はトップマネジメントへの報告、人事施策立案時の活用に加え、組織の課題を紐解き改善アクションを策定する社内ワークショップを開催するなどし、組織の活性化を図っています。
また本サーベイの社内ウェブサイトでは、グローバルレベルでベストプラクティスを共有し、サーベイ結果を踏まえた組織改善のための国や地域を越えたダイレクトコミュニケーションを促進しています。
さらにソニー(株)をはじめエレクトロニクス領域の国内グループ各社では、全統括職のリーダーシップ行動について部下からの声を本人にフィードバックするサーベイも同時に実施しており、組織経営スタイルの点検、マネジメント強化にも努めています。
このページの先頭へ