CSRレポート

コンテンツメニュー
2017年8月23日更新

女性の活躍

ソニーでは、ダイバーシティ推進の一環としてグローバルに女性活躍を推進しており、2016年度末時点のソニーグループの女性社員比率は29%、女性職位者比率は24%です。
国内では、2020年に女性職位者比率をグループで10%、ソニー株式会社では15%とすることを目標とし、積極的な採用・活躍推進・登用が重要と考え、様々な施策を展開しています。具体的な取り組みとしては、女性リーダーとしてのスキルと意識づけ、ネットワーク形成を支援するため女性リーダー育成プログラムを実施し、女性社員の育成機会を提供しながら成長を支援しています。

※1
厚生労働省の 「女性の活躍推進企業データベース」にて「女性活躍推進法」に基づく「情報公表」や「行動計画の公表」を行っています。

2016年度は、ダイバーシティウィークのイベントの一つとして、ソニーグループの女性管理職とその上司を対象に「Women Leaders' Meeting」を開催。2020年度の国内数値目標の達成に向けて、「マネジメントが今、何をすべきか」をテーマに、参加者一人ひとりがキャリア形成へのヒントを得ると同時に部下・後進の育成方法を考える場としました。女性社員の育成のヒントを提供する上司向けワークショップやセミナーを開催し、ダイバーシティ&インクルージョンヘの理解促進と女性管理職登用への意識改革を図りました。
ソニーグループにおける女性社員および女性管理職比率(%)※2 ※3
FY11 FY12 FY13 FY14 FY15 FY16
女性社員比率 31.7 20.5 28.6 27.2 29.5 29.3
管理職における女性比率 12.7 11.6 15.9 15.9 22.2 23.9

ソニーグループ(日本)における女性社員および女性管理職比率(%)※2 ※3
FY11 FY12 FY13 FY14 FY15 FY16
女性社員比率 20.0 20.0 18.6 18.6 21.3 21.0
管理職における女性比率 3.9 4.2 5.7 4.8 6.5 7.0

ソニーグループ(米国)における女性社員および女性管理職比率(%)
FY11 FY12 FY13 FY14 FY15 FY16
女性社員比率 38.7 36.4 37.8 36.1 37.5 38.1
管理職における女性比率 36.1 32.7 33.3 31.3 33.0 35.5

ソニーグループ(中国※4)における女性社員および女性管理職比率(%)
FY11 FY12 FY13 FY14 FY15 FY16
女性社員比率 63.9 59.2 55.5 44.6 43.8 55.5
管理職における女性比率 29.1 22.5 26.2 32.7 31.6 40.1

ソニーグループ(アジア・太平洋地域※5)における女性社員および女性管理職比率(%)
FY11 FY12 FY13 FY14 FY15 FY16
女性社員比率 48.2 46.5 42.5 46.2 43.8 37.2
管理職における女性比率 20.5 20.6 26.4 31.1 33.7 34.5

ソニーグループ(欧州)における女性社員および女性管理職比率(%)
FY11 FY12 FY13 FY14 FY15 FY16
女性社員比率 38.0 33.3 34.3 36.0 34.5 36.9
管理職における女性比率 16.8 23.2 26.6 25.9 33.6 34.9

ソニーグループ(その他※6)における女性社員および女性管理職比率(%)
FY11 FY12 FY13 FY14 FY15 FY16
女性社員比率 - - 37.4 38.1 41.4 41.5
管理職における女性比率 - - 24.7 30.0 28.1 37.4

※2
いずれも各年度末3月31日時点のデータに基づく集計。なお、国・地域・法人により「管理職」の定義が異なる場合がある
※3
ソニー株式会社 女性職位者比率 8.0%
※4
該当地域:中国大陸、香港
※5
該当地域:東南アジア、オセアニア、インド、韓国、台湾
※6
該当地域:中近東、中南米、アフリカ、カナダ

ソニーグループ各国・地域における女性の活躍推進の主な取り組み
エレクトロニクス
ビジネス
(日本)
女性のキャリアデザインの視野を広げることを目的とした若手女性社員交流会が各社で開催されています。現在マネジメントとして活躍している女性社員の話を聞き、ディスカッションや悩みを共有し、キャリアの選択肢を増やすことにつなげています。
ソニーグループ
(米国)
2016年には女性フォーラムをサンディエゴで開催し、米国ソニーグループ内の女性社員へのキャリア支援やネットワークの場を提供しました。ネットワーキンググループを形成することにより、専門性やワークライフバランス向上につなげます。
エレクトロニクス
ビジネス
(アジア)
産休・育休制度の充実や柔軟な勤務制度の導入により子どもを持つ女性社員にとって働きやすい環境づくりを進めています。また一部の生産拠点では、授乳室を用意しています。
このページの先頭へ