2019年8月29日更新

社員エンゲージメント

ソニーの設立趣意書には、経営方針として「個人の技能を最大限に発揮せしむ」と謳っています。また、創業者の一人である盛田昭夫は、入社式で常々以下のように伝えていました。
「君たち、ソニーに入ったことをもし後悔することがあったら、すぐに会社を辞めたまえ。人生は一度しかないんだ。そして、本当にソニーで働くと決めた以上は、お互いに責任がある。あなたがたもいつか人生が終わるそのときに、ソニーで過ごして悔いはなかったとしてほしい」

こうした創業時からの考えにもとづき、ソニーでは、多様な個性やライフスタイル・ワークスタイルを持つ社員がお互いに刺激し合いながら、会社や経営者を信頼し、事業における価値創造に共感し、働きやすい環境で、働きがいを感じられるような施策に実施しています。社員ひとり一人が、ソニーとともに成長することで、高い意欲と自主性をもって価値創造に挑戦し続けられるように、制度・環境・カルチャーなど多岐にわたる取り組みを実施しています。

このページの先頭へ