2019年8月29日更新

パンアジアでの安全衛生活動

パンアジア地域のソニー各事業所では、さまざまな国籍と文化的背景を持った社員を雇用しています。この地域での労働安全衛生活動の主な目的は、教育と訓練を通じた安全課題に対する意識向上です。各事業所において、安全意識の向上と強化を目的としたさまざまなイベントを実施しています。

労働安全衛生マネジメントシステムの確立

パンアジア地域の全ての製造事業所では、社員および請負者などのパートナーへの災害や業務上疾病の予防を目的として、労働安全衛生マネジメントシステム (OHSAS18001) を確立しています。2019年度より、非製造事業所も含め、新しいマネジメントシステム (ISO45001:2018) へ移行する計画です。

パンアジア地域の全ての製造事業所はすでにOHSAS18001の外部認証を受けており、2020年度中に全拠点でISO45001を取得する予定です。

安全意識の向上

2018年度の重点活動のひとつは、社員および請負者の安全意識の向上でした。社員に対しては、職務に必要な安全知識の基本と応用を学ぶさまざまな研修を実施しました。また請負者に対しても、ソニーの事業所における事故を防ぐため、「安全・環境のマインドセット」研修の受講が義務づけられています。

ソニー・テクノロジー・タイランド (バンカディ工場) における請負者向け「安全・環境のマインドセット」研修

健康増進

2018年度には、健康に関する講演、心肺蘇生法 (CPR)・自動体外式除細動器 (AED) などの応急手当講習、インフルエンザの予防接種、人間工学 (エルゴノミクス) 講座などの健康増進の取り組みが行われました。

Sony Middle East Asia (ドバイ) でのCPR講習

緊急時対応

全ての事業所は毎年、所轄行政機関と連携して避難訓練を行っています。また事業所ごとのリスク評価の結果に基づき、化学物質による災害やX線機器事故などのテーマに沿った緊急時対応訓練を実施しています。

ソニー・テクノロジー・タイランド (バンカディ工場) における緊急時対応チームの訓練

安全活動

事業所ごとに、業務上発生しやすいリスクを軽減し、安全意識を高める活動を実施しています。活動テーマの例は以下の通りです。
1.電気火災リスク:多くの事業所で以下を実施
・安全な電気配線基準の確立
・電気配線の状況についての定期的な検査
・実務担当者向け電気安全講習
2.新規製造ラインの現場安全リスクアセスメント:安全、製造およびエンジニアリングチームが、生産性と安全性の視点から新規製造ラインの共同でアセスメントを実施
3.ニアミスプログラム:全ての業務において会社全体に安全文化を確立するためのプログラム。事業所の社員は、ニアミスの状況や行動を特定し、リスク低減のための是正措置を講じる。
4.交通安全:交通安全講習プログラムにより、自家用車や自家用バイク、会社が提供する移動手段を使い通勤する社員の意識向上を目指す。

ソニー・EMCS・マレーシア (クアラルンプール事業所) のニアミスプログラム

社員の安全衛生活動への参加

安全意識の向上と「安全マインドセット」の醸成を目的として、パンアジア地域の全事業所で、管理職および請負者を含む社員向け労働安全衛生イベントを実施しています。展示、コンテスト、競争イベント、ゲームなどのアクティビティを通じて参加者が楽しみながら知識の強化を図る「安全衛生・環境・アンチドラッグ週間」もその一つです。また安全委員会では、安全提案制度を設け、社員が参加・協議しやすいコミュニケーション窓口を提供しています。

ソニー・テクノロジー・タイランド (チョンブリ工場) における安全衛生・環境・アンチドラッグ週間

社外向け広報活動

パンアジア地域のソニーグループ各社は、社内だけでなく大学生や政府機関など社外の利害関係者と、労働安全衛生に関する知識を共有しています。こうした活動は、ソニーの優れた安全衛生活動の周知に役立っています。

ソニー・EMCS・マレーシア (クアラルンプール事業所) の「建設・産業安全研修」に参加した大学生

労働安全衛生活動に対する外部表彰

2018年度は、パンアジア地域の2つの事業所が、第三者機関主催の労働安全衛生に関する賞を受賞しました。これらの受賞は、各賞において要求される高い安全基準を継続的に遵守し、社員を含む全てのステークホルダーにとって安全な労働環境を維持していくモチベーションとなっています。

ソニー・デバイス・テクノロジー・タイランドは、2つの賞を受賞しました。1つは、タイ保健省から授与された「全国安全衛生・ウェルビーイング賞 (National Health, Safety and Well-Being Award)」は、労働安全衛生だけでなく心の健康、栄養状態、幸福度などの基準に沿って社員のウェルビーイングの程度を評価するものです。2つ目は、タイ労働省から、同省が定める職場の安全基準を満たしていることが高く評価され、「全国安全管理賞優秀賞 (National Safety Management Excellence Award)」を受賞しました。

ソニー・EMCS・マレーシア (クアラルンプール事業所) は、NGOであるマレーシア労働安全衛生協会 (Malaysian Society for Occupational Safety and Health (MSOSH) からMSOSH金賞を受賞しました。この受賞は、MSOSH委員会による現場監査において同社の安全衛生活動が高く評価されたことによるものです。

ソニー・デバイス・テクノロジー・タイランドがタイ保健省から「全国安全衛生・ウェルビーイング賞」を受賞
ソニー・デバイス・テクノロジー・タイランドがタイ労働省から「全国安全管理賞優秀賞」を受賞
ソニー・EMCS・マレーシア (クアラルンプール事業所) がマレーシア労働安全衛生協会からMSOSH金賞を受賞
このページの先頭へ