2018年8月29日更新

パンアジアでの安全衛生活動

パンアジア地域のソニー各事業所では、さまざまな国籍と文化的背景を持った社員を雇用しています。この地域での労働安全衛生活動(OHS)の主要な目的は、教育と訓練を通じた安全課題に対する意識向上です。パンアジア全域において、安全意識の向上と強化を目的としたさまざまな種類のイベントが、ソニーグループ各社によって実施されています。

2017年度、タイのソニーグループ各社は、社員と請負スタッフの安全意識向上に注力しました。バンカディのソニー・デバイス・テクノロジー・タイランドでは、社員を対象とした安全衛生・環境啓発プログラムを2回実施するとともに、大学生を対象として「製造業における環境・安全衛生(EHS)マネジメント」と題した安全講演を行いました。

ソニー・デバイス・テクノロジー・タイランドのバンカディ、チョンブリ両工場では、社員向けに安全研修活動や、安全意識向上についての講演を実施する一方で、請負社員に対しては「安全・環境の考え方」研修を行いました。シンガポールのソニーグループ各社では、毎年開催している「職場の安全衛生デー」を今年も引き続き実施し、安全ゲームや、心肺蘇生法(CPR)・自動体外式除細動器(AED)講習を行いました。

インドのソニー・インディア・ソフトウェア・センターでは、社員を対象にした応急処置の訓練を行うとともに、安全意識向上を目的とする講演では救急対応をテーマに取り上げました。さらに、パンアジア地域全体の取り組みとして「ニアミスプログラム」を開始し、試験的導入事業所としてソニー・EMCS・マレーシアのKLテックを選定しました。

ソニー・デバイス・テクノロジー・タイランドは、「ゼロ災害キャンペーン2017」においてタイ労働省から表彰されました。また、ソニー・EMCS・マレーシアのKLテックは、「グッド・エルゴノミック・プログラム」においてマレーシア政府労働安全衛生部から表彰されました。

安全衛生・環境啓発プログラム(ソニー・デバイス・テクノロジー・タイランド)
大学生向け安全講演(ソニー・デバイス・テクノロジー・タイランド)
安全意識向上についての講演(ソニー・デバイス・テクノロジー・タイランド)
「請負社員向け「安全・環境の考え方」研修(ソニー・テクノロジー・タイランド)」
労働安全衛生デー(シンガポールのソニーグループ各社)
応急処置講習(ソニー・インディア・ソフトウェア・センター)
「ニアミスプログラム」キックオフミーティング(ソニー・EMCS・マレーシアKLテック)
「ニアミスプログラム」キックオフミーティング(ソニー・EMCS・マレーシアKLテック)
「ゼロ災害キャンペーン2017」授賞式(ソニー・デバイス・テクノロジー・タイランド)
このページの先頭へ