CSRレポート

コンテンツメニュー
2017年8月23日更新

研修実施状況

ソニーでは、集合研修、e-ラーニング、現場実習など、目的にあった学習形態で、さまざまなプログラムを実施しています。国内ソニーグループ共通の階層別研修を体系化し受講を必須とすることで、役割に応じて求められる"人間力"の全社的な強化を図るとともに、計画的な人材育成を行っています。また、各人が自らの業務を高いレベルで遂行するために、自己啓発機会として講演会、通信教育、社外研修機関との提携コースを提供し、社員の自主的な学習意欲をサポートしています。
2016年度のソニー株式会社社員一人あたりの人材育成にかかる費用は、効率および質の向上という観点から、研修プログラムの見直しや社内講師化促進の取り組みを進めた結果、約23万円となっています。
国内ソニーグループ2016年度共通研修受講状況
選抜型 必須型 選択型
(技術)
選択型
(その他)
合計
プログラム数 16 31 254 4 305
実施総回数(回) 24 273 368 14 679
受講者総数(人) 332 50,820 11,276 2,311 64,739
延べ受講総時間
(時間)
13,058 74,756 40,084 9,727 137,625


このページの先頭へ