CSRレポート

コンテンツメニュー
2016年9月7日更新

製品・サービスについての環境中期目標

ソニーは、2015年度までの環境中期目標「Green Management(グリーンマネジメント) 2015」のなかで、製品・サービスについて以下の目標を設定しました。この目標に向けて、個々の製品に対しては、それぞれの目標値を定め、すべての製品について製品環境アセスメントを実施し、環境配慮製品の創出に取り組んできました。
製品・サービスについての「Green Management 2015」の目標
全体
環境フラグシップ商品を各カテゴリーで継続的に創出する
気候変動 製品1台あたりの年間消費電力量 ▲30%(2008年度比)
資源
  • 製品のバージンプラスチック利用率 ▲5%(2008年度比)
  • 製品1台あたりの質量 ▲10%(2008年度比)
化学物質 高懸念の環境管理物質とポリ塩化ビニル/臭素系難燃剤の特定する用途での全廃

環境管理物質:部品・デバイス等に含有される物質のうち、地球環境と人体に著しい環境影響を持つとソニーが判断した物質。

環境中期目標「Green Management 2015」の結果について

各目標に対する結果は下記をご覧ください。

2016年度からの環境中期目標について

現在は、2016年度から2020年度までの環境中期目標「Green Management 2020」を設定し、目標達成に向けて活動を進めています。詳細は下記をご覧ください。

このページの先頭へ