CSRレポート

コンテンツメニュー
2016年9月7日更新

製品のリサイクル性向上の取り組み

グループ内リサイクルプラントのグリーンサイクル(株)との連携


  • 愛知県名古屋市にあるグリーンサイクルでのリサイクルの様子
ソニーは、資源循環の戦略の一つとして、製品のリサイクル性の向上に取り組んでいます。さまざまな施策の検討にあたっては、ソニーグループ内でリサイクル事業を行うグリーンサイクル(株)からのフィードバックが活用されています。グリーンサイクルの使用済み家電やパソコンのリサイクル工程で得られた、製品の解体性や資源の分別容易性などの改善提案や意見をソニー本社の環境部門に集約し、それをもとに実効性の高い施策を立案し、各製品カテゴリーの設計部門に提供しています。また、ソニーからも製品の最新構造の情報を共有し、グリーンサイクルのリサイクル技術の向上をサポートしています。

リサイクル研修会の開催


  • 液晶テレビの解体実習の様子
ソニーは、グリーンサイクル(株)においてリサイクル研修会を2006年から定期的に開催しています。この研修は、デザイナーや機構設計者の他、幅広い社員が参加し、リサイクル配慮設計の必要性や重要性を再認識し、その後の製品づくりに生かすことを目的としています。研修では、社員はまずサイト内のテレビ解体ラインなどを見学した後、液晶テレビを自らの手で解体します。その後、グリーンサイクルの現場担当者から現状の課題や要望がフィードバックされ、意見交換を行います。参加者はこの研修会を通じて得られた、解体作業の難しさや改善点、分別した資源を再利用することの重要性などの認識を、全世界で販売される製品の設計に生かしています。
このページの先頭へ