CSRレポート

コンテンツメニュー
2016年9月7日更新

パンアジアにおける製品リサイクル

ソニーの事業所は、アフリカからニュージーランドまでパンアジア各地域に立地し、それぞれの事業所や製造工場において、現地社会の求めるリサイクル活動を継続的に推進しています。さらに、各国の廃電気電子機器リサイクルに関する法規制を順守し、特にインドとオーストラリアでは現地基準を満たすために地元の事業者と積極的に提携しています。

インド:地元業者との提携による廃家電の回収とリサイクル

ソニー・インドは、現地の法規制を順守するために、大手リサイクル事業者と提携して廃電気電子機器リサイクルサービスを提供しています。2015年度は、修理時の廃棄物を含む廃電気電子機器約360トンを、このリサイクル事業者経由で回収しました。また、お客様がもっと簡単に廃電気電子機器を持ち込めるように、廃電気電子機器回収拠点のネットワーク拡大にも注力し、2016年3月末時点でインド全土の20カ所に回収拠点を設置しています。今年度末時点での回収結果を検討し、今後の計画に反映していきます。

オーストラリア:政府認定パートナーのリサイクル制度に参加

ソニー・オーストラリアは、2012年3月以降、オーストラリア連邦政府から新たな廃電気電子機器リサイクル法制に準拠していると認証を受けたパートナーのリサイクル制度に参加し、着実にリサイクル活動に取り組んできました。この活動を通じ、2015年7月から2016年6月までに約1,993トンの廃電気電子機器を回収しました。
このページの先頭へ