CSRレポート

コンテンツメニュー
2016年9月7日更新

技術開発についての環境中期目標

ソニーは、2015年度までの環境中期目標「Green Management(グリーンマネジメント) 2015」のなかで、技術開発について以下の目標を設定しました。この目標に向けて、環境負荷低減に寄与する研究開発テーマを定め、基礎研究を行った後、順次事業部門に移管して実用化に結びつけてきました。
技術開発についての「Green Management 2015」の目標
気候変動
  • 製品の省電力化と再生可能エネルギーの導入により、個人のエネルギーの自給率を向上させる技術の開発(個人で行う発電・蓄電・給電制御等)
  • 低炭素社会の実現に必要なライフスタイルを支える情報通信技術の開発
資源 製品のライフサイクルにおいて、枯渇性資源や水資源の消費、および廃棄物の削減を実現する3R技術の高度化
化学物質 懸念の高い化学物質の削減・代替技術の開発

3R技術:Reduce(リデュース:廃棄物の抑制)、Reuse(リユース:再利用)、Recycle(リサイクル:再資源化)の3つの語の頭文字をとった技術。

環境中期目標「Green Management 2015」の結果について

各目標に対する結果は下記をご覧ください。

2016年度からの環境中期目標について

現在は、2016年度から2020年度までの環境中期目標「Green Management 2020」を設定し、目標達成に向けて活動を進めています。詳細は下記をご覧ください。

このページの先頭へ