CSRレポート

コンテンツメニュー
2016年9月7日更新

経営機構の概要

当社は、法定機関として、株主総会で選任された取締役からなる取締役会、および取締役会に選定された取締役からなる指名・監査・報酬の各委員会、ならびに取締役会で選任された執行役を設置しています。また、これらの法定機関に加え、特定の担当領域において業務を遂行する業務執行役員を設置しています。当社は、経営方針や環境の変化等に応じて、ソニーグループの経営にとって最適な形態を目指して、統治機能の充実に継続的に取り組んでいます。

2016年6月に選任された取締役および執行役

  • 2016年6月に選任された取締役および執行役

  • ソニー株式会社取締役会
なお、取締役候補および執行役の選任にあたっては、株主を始めとする当社のステークホルダーに対して十分に説明を行うことを旨としています。個々の選任・指名、兼任状況については、当社のプレスリリース、株主総会招集ご通知および有価証券報告書・四半期報告書に記載のとおりです。詳細は以下をご参照ください。

会議体の開催状況

2015年度の1年間(2015年4月1日~2016年3月31日)において、取締役会は8回、指名委員会は5回、監査委員会は6回、報酬委員会は5回開催されました。
取締役会への出席状況については、当該年度に在籍した社外取締役9名は、永山治氏および伊藤穰一氏を除き、在任期間中に開催された当該年度の取締役会のすべてに出席しています(永山治氏および伊藤穰一氏のいずれも8回中7回に出席)。また、委員会への出席状況については、委員会に所属する2015年度に在籍した社外取締役8名は、永山氏を除き、当該年度において開催された各委員会のすべてに出席しています。(指名委員会に所属する永山治氏は、2015年度に開催された当委員会5回のうち4回に出席)。
なお、監督機関としての取締役会の機能の強化、社外取締役による事業内容や経営課題の理解の促進、戦略議論の充実などを目的として、社外取締役のみによる会議、執行メンバーとの戦略ワークショップ、社外取締役による事業所訪問、取締役会議長とCEOとの打合せなども複数回実施しました。
このページの先頭へ