2019年7月22日更新

監査委員会

構成員: 4名 (うち社外取締役4名)

氏名 役職
松永 和夫 監査委員会議長 (社外取締役)
皆川 邦仁 監査委員 (社外取締役)
岡 俊子 監査委員 (社外取締役)
秋山 咲恵 監査委員 (社外取締役)

目的・権限

  • 取締役・執行役の職務執行の監査
  • 会計監査人の監督

監査委員会の構成に関する方針・監査委員の資格要件

監査委員会は、以下の要件を全て満たす取締役3名以上で構成され、その過半数は社外取締役とするとともに、委員会議長は社外取締役から選定されることとします。監査委員は、適切な経験・能力および必要な財務・会計・法務に関する知識を有する者より選定するとともに、原則として指名委員および報酬委員を兼ねることはできないものとしています。なお、監査委員の選定および解職は、監査委員会の継続性にも配慮して行います。

  • 当社または当社子会社の業務執行取締役、執行役、会計参与、支配人またはその他の使用人でないこと。
  • 当社に適用される米国証券関連諸法令に定める"Independence"要件またはこれに相当する要件を充足すること。

また、監査委員のうち少なくとも1名は、当社に適用される米国証券関連諸法令に定める"Audit Committee Financial Expert"要件またはこれに相当する要件を充足しなければならないとし、当該要件を充足するか否かは取締役会が判断しています。2019年6月18日現在、4名の委員全員が社外取締役であり、うち皆川邦仁および岡俊子の2名は米国証券取引所法に定める"Audit Committee Financial Expert"に相当する者です。また、皆川邦仁は財務および監査に関する幅広い実務経験を、岡俊子は企業経営および会計に関する幅広い見識を有しており、2名とも財務および会計に関する相当程度の知見を有しています。

会計監査人の選解任議案の決定・会計監査人の独立性・適格性に関する考え方

監査委員会は、CEOその他執行役から推薦される会計監査人候補について、推薦理由の妥当性を評価した上で、候補の決定を行っています。また、監査委員会は、選任された会計監査人の業務、独立性、資格要件および適正について継続的に評価を行っています。監査委員会の活動に関する詳細については以下のページをご参照ください。

このページの先頭へ