2019年7月22日更新

指名委員会

構成員: 5名 (うち社外取締役4名)

氏名 役職
隅 修三 指名委員会議長 (社外取締役)
宮田 孝一 指名委員 (社外取締役)
John V. Roos 指名委員 (社外取締役)
畑中 好彦 指名委員 (社外取締役)
吉田 憲一郎 指名委員 (取締役)

目的・権限

  • 取締役の選解任議案の決定
  • CEOが策定する、CEOおよび指名委員会が指定するその他の役員の後継者計画の評価

なお、取締役の選解任議案については、取締役会の構成に関する方針や取締役としての資格要件および再選回数制限を踏まえて決定しています。これらの詳細については、以下のページをご参照ください。

指名委員会の構成に関する方針

指名委員会は取締役3名以上で構成され、その過半数は社外取締役とし、かつ1名以上は執行役を兼務する取締役とするとともに、委員会議長は社外取締役から選定されることとしています。なお、指名委員の選定および解職については、指名委員会の継続性にも配慮して行っています。2019年6月18日現在、5名の委員のうち4名が社外取締役です。
さらに、当社においては、一部の社外取締役が指名委員と報酬委員を兼任する等、指名委員会および報酬委員会の連携を図り、後継者計画の対象となるCEOおよび指名委員会が指定するその他の役員の評価を共有することによって、当該評価対象者の選解任の適否の判断および報酬の決定を実効的かつ効率的に行う体制を整備しています。

後継者計画について

指名委員会は、取締役会からの委任を受けて、CEOおよび指名委員会が指定するその他の役員の後継者計画の内容および運用状況について評価し、適宜、取締役会にその評価結果を報告しています。
かかる評価の実施にあたっては、指名委員会は、CEOから定期的に後継者計画案について報告を受け、その内容を踏まえて評価を実施しています。当該評価を実施するうえで、指名委員会は、次世代経営人材の育成や登用の状況を適切に把握し、策定された計画案が、ソニーグループにとって持続的な社会価値の創造および中長期的な企業価値の向上という目的に照らして妥当であるかどうかについて検討を実施しています。

このページの先頭へ