2018年8月29日更新

関連当事者取引

当社は、ソニー社員が常に当社の最善の利益となるよう行動し、ソニーと利害が対立する状況を回避する旨を定めた行動規範を取締役会決議により採択しております。その遵守に向けた一環として、当社の役員に対して、当社または当社グループ会社との間の取引または金銭債務(いわゆる関連当事者間取引)の有無について、本人だけでなくその親族等にかかるものも含め、定期的に確認しています。また、当社による当社役員との取引については、法令や取締役会規定その他社内規程に則り、取締役会における承認を得ることとしています。その承認にあたり、取締役会は、それらの取引が当社自身や株主共同の利益を害することのないよう、取引の重要性やその性質とともに法令や取締役会規定その他社内規程における要請事項について必要な確認を行った上で承認するものとしています。

このページの先頭へ