CSRレポート

コンテンツメニュー
2016年9月7日更新

自社エレクトロニクス製造事業所に対する取り組み

継続的なアセスメントの実施

自社の生産現場に対する取り組みとして、EICCの仕組み(標準ツール等)を導入し、遵守チェックや改善実施等のアセスメントおよび継続的モニタリング活動に取り組んでいます。具体的には、「ソニーサプライチェーン行動規範」への遵守状況を把握する取り組みの一環として、国内外の全エレクトロニクス製造事業所を対象に、EICCの調査票を利用したCSRセルフアセスメント調査を年に一度実施し、EICC行動規範が規定する「労働、安全衛生、倫理、環境保全、管理システム」の5カテゴリーに関するチェックを行っています。調査の結果、遵守状況に課題があり、当該課題に対する改善の検討と実施が必要と判断された製造事業所については、改善策の検討・実施を行い、必要に応じてEICC監査等の第三者によるチェックを受けることとしています。2015年度については、日本、中国、韓国、シンガポール、タイ、マレーシア、イギリス、メキシコ、ブラジルの製造事業所20社を対象にセルフアセスメント調査を実施し、全製造事業所で高リスクには該当しないという結果が得られました。

また、「ソニーサプライチェーン行動規範」に対する違反のおそれがNGOレポートやメディア報道等の外部より指摘された場合には、当該指摘を受けた製造現場での事実確認を行っています。その結果、指摘されたような事実が認識された場合には、第三者監査人によるEICC監査の実施を含め、速やかに是正措置をとることとしています。
このページの先頭へ