コンテンツメニュー

人を喜ばせたい。
その想いが
デザインの原動力

コミュニケーションデザイナー 渡邉Watanabe

専攻:インダストリアルデザイン
入社:2013年

学生時代の作品

プロダクトとグラフィック、
両方に関わる仕事をしたい

私が専攻したのはインダストリアルデザインだったのですが、グラフィックにもすごく興味がありました。世の中の製品は、モノの造形だけではなく、ロゴマークやパッケージ、ネーミングなどの魅力が相まって、ひとつの価値をつくっていると思います。だから、授業でプロダクトデザインを発表するときにも、ロゴはもちろん、プレゼン用パネルにまでこだわってつくっていました。そうした中で「もっとグラフィックを極めてみたい」という気持ちが強まり、将来はグラフィックデザインの道に進みたいと考えるようになりました。

でも、プロダクトデザインも好きだったので、就職先にはプロダクトとグラフィックの両方に関われる、メーカーのデザイン部門を志望し、ソニーに入社しました。入社後すぐにデジタルカメラのコミュニケーションデザイン担当に配属。製品のどこがポイントで、どの角度から見せたら魅力的なのかを考えるとき、私自身にプロダクトデザインの経験があったことがとても役に立ちました。

歓送会のプレゼント

面白い職場が、面白い仕事をつくる

入社してからのソニーの印象は、とても自由な環境だということ。もちろん、デザインワークに求められるハードルは高いのですが、先輩たちはフレンドリーで、面白いことが好きな人ばかり。たとえば、私はプレゼントを贈るのが好きで、みんなに似顔絵シールをつくって贈ったりするのですが、調子に乗って、上司のチーフアートディレクターと部長の似顔絵シールをつくったところ、すごく喜んでくれて、あちこちに貼ってくれました。こういう遊びにも一緒に盛り上がって楽しんでくれる、本当に面白い職場だと思います。

今年、製品をどのようにお客様に伝えるかを考えるプロダクトコミュニケーションを担当するチームから、コーポレートコミュニケーション担当のチームへと異動しました。新しいグループ会社などのVI(ビジュアルアイデンティティー)を担当し、ロゴやイメージビジュアルなどを制作しています。このVIの仕事は意外とプレゼントづくりと似ているんです。プレゼントづくりは贈る人の特徴をつかみ、その人がどうしたら喜ぶかをいつも考えてつくっています。それはVIも同じ。ただ重要な企業戦略のひとつなので責任感は違いますが、企業の「人格」づくりのお手伝いをするVIの仕事は私に合っているなと感じています。

人が喜ぶようなブランドを
つくっていきたい

はじめてVIを手がけたのは、ソニー創業者の井深さんが創設した障がい者福祉施設「希望の家」の仕事でした。井深さんは障がい者雇用にとても熱心で、「障がい者だからという特権なしの厳しさで健常者の仕事より優れたものを」という理念でこの施設をつくり、以来、木工製品やお菓子などを製造・販売しています。実は当初、私に依頼されたのは、お菓子のパッケージだけでした。でも「希望の家」で働く障がい者の方に実際にお会いすると、みなさん“もっと良いモノをつくろう”と毎日明るく熱心に仕事をしていて、その“モノづくり”の姿勢を伝えられないかと思い、新しいVIを提案しました。

それが「kibou lab(キボウ・ラボ)」というブランド展開でした。「希望の家」は”施設”ではなく、より良いものを生み出す“研究所”だという、私の実感をそのまま表現しました。この提案が受け入れられ、ロゴマークをつくり、お菓子のパッケージから、シールや包装紙、お店のエプロンやバッグまで、一連のコミュニケーションツールを制作しました。このVIを制作して、何よりも嬉しかったのが、施設で働く障がい者の方が喜んでくれたことです。こうしたブランドをつくる仕事は、そこで働く人を応援することにもつながります。今後も、人が喜ぶようなVIやコミュニケーションツールのデザインに取り組んでいきたいと思います。

ある日のスケジュール

9:00 出社、メールチェック
10:00 依頼元と打ち合わせ
11:00 デザイン作業
12:00 ランチ
13:00 チーム定例、デザイン審議会
14:30 デザイン作業
16:00 デザイン確認・相談
17:00 デザイン作業
19:30 退社