CMT-M1

コンパクトコンポーネントシステム(1995年)

「キューブリック」の愛称で知られるこのシステムは、ユニットの前面がCDジャケットとほぼ同じ大きさになっている。部屋のインテリアになじむように、それまで一般的だった漆黒ではなく柔らかく暖かい色に仕上げられている。